国語言葉の意味

「あまつさえ」の意味や使い方は?例文や類語を現役学生ライターがわかりやすく解説!

「あまつさえ」の対義語は?

image by iStockphoto

「あまつさえ」は予測していなかった不運が重なって起こることを表現する言葉でした。では、「あまつさえ」の対義語はどのようなものなのでしょうか。

早速見ていきましょう。

「案の定」

「あまつさえ」の対義語は、「案の定」です。

「あまつさえ」は、悪いことが起こったときにさらに予想していなかった不運に見舞われるという状況を指す言葉でしたね。「案の定」は物事が予想通りに進むことや思い通りの結果になることを表現します。したがって予想外のことに気持ちを左右させられたという状況の「あまつさえ」とは反対の心理状況を指すことがわかりますね。

また「案の定」は、いい意味でも悪い意味でも用いることができます。「予想していた通り失敗した」という状況や、「こうなってほしいと思っていたら本当にそうなった」というように、ネガティブな時のみにもちいる「あまつさえ」とは違って、様々な場面で使い分けができるということですね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「あまつさえ」の類義語は「追い打ちをかける」、対義語は「案の定」だということが分かったな。

「あまつさえ」や「追い打ちをかける」は、基本的に予想していなかったことや予想以上の被害を受けることを意味する。自分に起こる不運を予想出来ていたら誰も失敗をしないし不運に見舞われることもないはずだからな。それを踏まえたうえで「案の定」を考えていくと、対義語であるということはよく理解できのではないだろうか。

「あまつさえ」を使いこなそう

この記事では「あまつさえ」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「あまつさえ」はよく耳にする言葉ですが、実際に日常会話の中で用いることはほとんどないのではないでしょうか。一見難しい表現ですが、漢字表記の「剰え」の意味や語源、類義語を紐解いていくと実は簡単に使いこなすことができるということがよくわかりますね。日常会話の中で取り入れる機会はなかなかないですが、畏まった文面などで用いられた場合にはすぐに意味をイメージできるようにしましょう。

1 2 3
Share: