この記事では「韜晦」について解説する。「韜晦」はかなり難しい言葉です。はっきり言って日常で使う言葉ではなく、文学作品なんかでたまに見かけるくらいでしょう。加えて漢字が難しく、読み方も推測しづらく、意味もやや複雑よりです。総じて学習難易度が高いと言えるが、その分知っていると周りと差を付けられるぞ。元建築系企業社員、現言葉大好きライターのsasaiを呼んです。一緒に「韜晦」の意味や派生語、類義語などを見ていきます。

ライター/sasai

元会社員の現役フリーライター。言葉が好きで文章が好き。読むのも書くのも大好きで、海外小説からビジネス書まで何でも読む本の虫。こだわりをもって言葉の解説をしていく。

「韜晦」の意味とは?

image by iStockphoto

「韜晦」の意味は以下の通りです。

1.自分の本心や才能・地位などをつつみ隠すこと。
2. 身を隠すこと。姿をくらますこと。

出典:goo辞書「韜晦 意味」

引用には意味が2種類ありますが、大きく言うと「自ら自分を隠そうとしている」ということになります。1番の意味は本心や肩書など、自分という存在の本当の姿を悟られないようにするということです。また、地位などはっきりしたものだけでなく、才能や性格など抽象的なものに対しても使用されます。

対して2番は文字通り自分の身を隠し、行方をくらますということです。また、基本的には「韜晦」は自ら行うというニュアンスが強く、他人がそうさせている場合にはあまり使われません。なお、漢字が常用でないため「中国語だ」と勘違いされることがありますが、「韜晦」は日本語です。

「韜晦」ってどう読むの?

「韜晦」は「とうかい」と読みます。「韜」が「とう」で「晦」が「かい」であり、難読の単語です。「晦」という字は「後悔(こうかい)」の「悔」の字に字面が似ているため、知らなくても読むことは可能かもしれません。ただし似ているだけで、「後悔」の「悔」の字と同じというわけではないため、注意してください。また、漢字のみの話をすると「大晦日(おおみそか)」の「晦」と実は同じですが、「大晦日」とは読み方が異なります。

一方、「韜」は主に武器に関わる言葉であるため、なおさら現代の日本で見かける機会は少ないです。予備知識なしでいきなり読めることはそう多くないでしょう。

\次のページで「「韜晦」ってどう使えば良いの?」を解説!/

「韜晦」ってどう使えば良いの?

「韜晦」は以下のように使用します。

1.彼女は「韜晦」してしまった。連絡もつかないし、家も知らぬ間に引き払っていた。
2.我が社の社長は、「韜晦」して現場を見に来るのが好きだ。そうすることでわかるものがあるらしい。
3.私は正直なところ、相手によっては職業を「韜晦」することもある。

例文を見ればわかる通り、「韜晦」は一般的に「する/した」などの言葉が続く場合が多いです。1番の「韜晦」は身体的に隠れる行為を示しており、言い換えると失踪ということになります。

対して2、3番の例は地位や職業を隠そうとしており、実際に相手の目の前には居るわけですが本当のことを相手に教えていないという状況の例です。自分そのものというよりも、自分に関連した肝心なことを隠そうとしていることになります。

「韜晦」の派生語について

image by iStockphoto

「韜晦」は出番の少なめな言葉ながら、派生語もある言葉です。固有名詞として使用されている、というよりはどちらかというと造語に近いものがありますが、覚えておくと知識が増えるだけでなく、「韜晦」という言葉そのものへの学習にも役立ちます。よりスムーズに「韜晦」を使用するためには、覚えておいて損はないでしょう。

「自己韜晦」って普通の「韜晦」とどう違うの?

「自己韜晦」という言葉があります。続く言葉は「韜晦」と同様「する/した」などであり、「自己韜晦する」という言い方になる場合がほとんどです。一見すると「自分で韜晦する」という意味にも読めますが、そもそも「韜晦」とは基本的に自分で行うものでもあります。

では普通の「韜晦」とどう違うのかと言うと、「韜晦」する側の心情です。「自己韜晦」とは主に自分に自信がなく、目的があって一時的に「韜晦」しているというよりは、自らを恥じるあまりしきりに「韜晦」するというさまを表す場合が多いと言えます。取りようによっては謙虚とも表現できますが、取りようによっては卑屈とも感じられるでしょう。

「韜晦趣味」ってどういうこと?

「韜晦趣味」という言葉もあります。一見すると何のことかわからない、という人も居るでしょう。「韜晦」とは自らを隠すことで、それが趣味であるということは確かに奇妙なことに思えるかもしれません。

しかし、「韜晦趣味」はむしろ現代日本ではありふれたことになりつつあります。「自分が何者であるか隠したい」「誰にも知られず行動を起こしたい」というように、必要性があるというよりは自分の希望によって「韜晦」することを「韜晦趣味」と言いますが、これの分かりやすい例がインターネットの匿名性です。

自分の名前を隠す、つまり自分の本当の姿を特定されないようにしたいという気持ちは、まさしく「韜晦」そのものといえるでしょう。また、「韜晦趣味」という言葉には有能な人が自分の能力を隠し、凡人のようにふるまうというニュアンスもあります。

\次のページで「「韜晦」の語源って何?」を解説!/

「韜晦」の語源って何?

image by iStockphoto

「韜晦」の語源は簡単に言うと「武器を隠す様子」です。「韜晦」の「韜」とは「剣や弓を入れる袋」という意味であり、転じて「包む/隠す/ばれないようにする」などの意味を持っています。一方「韜晦」の「晦」は「光が無い/人に知られない/暗闇である」という意味を持つ言葉です。

この2つの言葉を並べて、大切なものを人目に触れないように隠す、知られないようにするという意味になりました。

「韜晦」の類義語は?

「韜晦」の類義語は「隠れる/秘密にする/ばれないようにする/失踪する/行方をくらます/雲隠れ」などが該当します。他にもさまざまな類義語があり、自分、または自分の素性を隠すという意味合いの言葉であれば、適宜置き換えが可能です。

ただし同じ「韜晦」という言葉を使っていても、本人が何か隠し事をしている場合と、本人がそもそも行方知れずになっている場合とでは状況が大きくことなるため、置き換えの際は適した言葉を選ぶように十分注意する必要があります。

現代における「韜晦」

「韜晦」は漢字も読みも覚えにくく、学習難易度の比較的高い言葉です。しかし、現代の日本においては「韜晦」という言葉が知られていなくても、「韜晦」という行為は皆知らず知らずのうちに行っているように考えられます。

現在は人のプライバシーに勝手に立ち入る、または無理に素性を聞き出そうとするなどという行為は時代遅れなものとなり、さまざまな人から敬遠されることです。また、個人情報を悪用する犯罪も後を絶ちません。結果的に現代を生きる人たちは皆がある程度の「韜晦」をした上で関わらなければ安心できないという現状があると言えるでしょう。

ですが、必ずしも悪いことではありません。お互いにすべてを明かしていることが必ずしも健全なわけではなく、「韜晦」しているがゆえのやり取りも生まれるでしょう。大切なことは、「韜晦」していようといまいと、相手を思いやる気持ちです。

" /> 難読だけど意味は現代に生きている?「韜晦」の使い方や類義語も言葉大好きライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

難読だけど意味は現代に生きている?「韜晦」の使い方や類義語も言葉大好きライターがわかりやすく解説!

この記事では「韜晦」について解説する。「韜晦」はかなり難しい言葉です。はっきり言って日常で使う言葉ではなく、文学作品なんかでたまに見かけるくらいでしょう。加えて漢字が難しく、読み方も推測しづらく、意味もやや複雑よりです。総じて学習難易度が高いと言えるが、その分知っていると周りと差を付けられるぞ。元建築系企業社員、現言葉大好きライターのsasaiを呼んです。一緒に「韜晦」の意味や派生語、類義語などを見ていきます。

ライター/sasai

元会社員の現役フリーライター。言葉が好きで文章が好き。読むのも書くのも大好きで、海外小説からビジネス書まで何でも読む本の虫。こだわりをもって言葉の解説をしていく。

「韜晦」の意味とは?

image by iStockphoto

「韜晦」の意味は以下の通りです。

1.自分の本心や才能・地位などをつつみ隠すこと。
2. 身を隠すこと。姿をくらますこと。

出典:goo辞書「韜晦 意味」

引用には意味が2種類ありますが、大きく言うと「自ら自分を隠そうとしている」ということになります。1番の意味は本心や肩書など、自分という存在の本当の姿を悟られないようにするということです。また、地位などはっきりしたものだけでなく、才能や性格など抽象的なものに対しても使用されます。

対して2番は文字通り自分の身を隠し、行方をくらますということです。また、基本的には「韜晦」は自ら行うというニュアンスが強く、他人がそうさせている場合にはあまり使われません。なお、漢字が常用でないため「中国語だ」と勘違いされることがありますが、「韜晦」は日本語です。

「韜晦」ってどう読むの?

「韜晦」は「とうかい」と読みます。「韜」が「とう」で「晦」が「かい」であり、難読の単語です。「晦」という字は「後悔(こうかい)」の「悔」の字に字面が似ているため、知らなくても読むことは可能かもしれません。ただし似ているだけで、「後悔」の「悔」の字と同じというわけではないため、注意してください。また、漢字のみの話をすると「大晦日(おおみそか)」の「晦」と実は同じですが、「大晦日」とは読み方が異なります。

一方、「韜」は主に武器に関わる言葉であるため、なおさら現代の日本で見かける機会は少ないです。予備知識なしでいきなり読めることはそう多くないでしょう。

\次のページで「「韜晦」ってどう使えば良いの?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: