国語言葉の意味

「含蓄」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「含蓄(がんちく)」について解説する。

端的に言えば含蓄の意味は「表面に現れない深い意味」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国語力だけでこれまでの社会人生活を乗り切ってきたライター、ヤザワナオコに、「含蓄」の意味や例文、類語などを説明してもらおう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヤザワナオコ

コールセンターの電話応対指導やマナー講師、テレビ番組の字幕製作経験もあるライター、ヤザワナオコ。

そろそろ含蓄のある言葉の一つも言えるようになりたい年齢だが、狙ってできるものでもなく難しく感じているらしい。含蓄とはどんな意味なのか解説してもらう。

「含蓄」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「含蓄」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「含蓄」の意味は?

「含蓄」には、次のような意味があります。

1.内に含み持っていること。

2.言葉などの、表面に現れない深い意味・内容。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

辞書の意味1つ目は、実際に物質としての何かが含まれていることを表します。日常耳にする「含蓄」は2つ目の意味で使われることがほとんど。人が発した言葉や著作物に深い意味が感じられる場合に「含蓄のある話」などと表現します。

なお、似た言葉として「蘊蓄(うんちく)」と混同しないように気をつけましょう。こちらは研究を重ねて蓄えた知識のこと。一昔前、芸能人でも「うんちく王」と称された人がいましたね。いろいろな分野に詳しいのは大したものですが、知識の披露ばかりしていると鼻につくと思われることもありますよ。

「含蓄」の語源は?

次に「含蓄」の語源を確認しておきましょう。漢字の成り立ちとしては「含」が「内部にふくみもつ」の意味、「蓄」は「蓄積」などと使うように「多くのものを集めておく」という意味です。この2字で「中に深い意味合いを持つ」というのはわかりやすいですね。

この含蓄、元は中国の言葉で、「他说话很含蓄」が「彼の話は含蓄に富む」という意味だったそうです。中国語で「含蓄」というと、、「深い意味が込められている」に加えて「控え目である」というニュアンスも含まれます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: