国語言葉の意味

「あるまじき」の意味や使い方は?例文や類語を読書好きWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「あるまじき」について解説する。

端的に言えばあるまじきの意味は「あってはならない」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

接客業で鍛えられた語学力を持つAYAを呼んだ。一緒に「あるまじき」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/AYA

長年接客業で培った「正しい敬語」を武器に、新人教育の経験も豊富なライターAYAが「あるまじき」について読み方から使い方、よくある読み間違いも含めて、分かりやすく解説していく。

「あるまじき」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 32622387

「あるまじき」という言葉を使う事はあるでしょうか?否定的なニュアンスが含まれていることは分かりますが、どういう時に使うのかと聞かれるとハッキリ答えるのが難しいですよね。今回はそんな「あるまじき」という言葉について、詳しく調べてみました。

それでは早速「あるまじき」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「あるまじき」の意味は?

「あるまじき」には、次のような意味があります。

1.あってはならない。
2.不都合である。
3.とんでもない

出典:デジタル大辞泉(小学館)「あるまじき」

「あるまじき」とは、「あってはならない・不都合・とんでもない」の意。やはり強い否定の意味ですね。「~すべきではない・~してはならない」のように、前に付く名詞を批判・避難する言葉で、後ろには行動・態度などを表す名詞が付きます。つまり名詞+あるまじき+名詞のような文法として用いられますよ。後ほど例文を挙げるので、この文法を頭に入れておきましょう。

「あるまじき」の語源は?

次に「あるまじき」の語源を確認しておきましょう。この「あるまじき」という言葉は、2つの単語が連結して1つの単語になった「連語」ですよ。品詞分解すると分かりやすいので、「ある」と「まじき」に分けてみましょう。「ある」は物事が存在する意味の「ある」で動詞・ラ変「あり」の連体形ですよ。「まじき」は助動詞で古典文法の打消推量「まじ」の連体形で、「まじき」自体は言葉の意味は持ちません。この「ある」と「まじき」の2つの意味を組み合わせて「あってはならない」「あるはずがない」といった否定の言葉に成りますよ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: