国語言葉の意味

「感化」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「感化」について解説する。

端的に言えば感化の意味は「考え方や行動に影響を与えること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

幼少期から様々な分野の本を読み、知識を深めてきた川瀬を呼んです。一緒に「感化」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/川瀬

幼少期から多種多様な本を与えられて育ち、分からない言葉があれば辞書で引く癖がついていた。本を読む度に、細やかで表現力豊かな美しい日本語に魅了される。これまでの読書量を活かし、丁寧に言葉の意味を解説していく。

「感化」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「野球選手の言葉に感化される」「あの映画に感化された」など、日常生活でもよく耳にする「感化」という言葉は、どういった意味かご存じでしょうか。なんとなくイメージ出来ますが、正しい意味と使い方を理解する事は大切です。それでは早速「感化」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「感化」の意味は?

「感化」には、次のような意味があります。

考え方や行動に影響を与えて、自然にそれを変えさせること。「兄の感化を受ける」「映画に感化される」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「感化」

「感化」は「かんか」と読み、「人の考え方や行動に影響を与え、それを変化させること」という意味です。「感化される」といった言い回しをよく耳にしますが、これは「心が動かされる」といったニュアンスの言葉になります。ポジティブな意味に受け取ってしまいますが、文脈によってはネガティブな意味の両方の意味にとる事が可能です。

「感化」の語源は?

次に「感化」の語源を確認しておきましょう。「感化」の「感」は「心が動く。心を動かす」という意味。「化」は「人格に影響を与える。教え導く」という意味です。この2つの言葉が組み合わさる事により、「人の心や行動に影響を与えて、心や行いを変えさせること」という意味の熟語になったといわれています。

\次のページで「「感化」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: