国語言葉の意味

「範疇」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師がわかりやすく解説!

この記事では「範疇」について解説する。

端的に言えば範疇の意味は「枠組みの中」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

塾講師歴5年のれお先生を呼んです。一緒に「範疇」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/れお先生

教壇に立って、授業をすること5年。今も現役塾講師として、中学生・小学生を指導している。塾での経験を活かし、子供でも分かりやすい記事の作成を心がける。

「範疇」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「範疇」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?日常会話やビジネスシーンにおいて使ったことのある人も多いと思います。「範疇」という言葉は哲学用語としても実はよく使わる言葉です。正しい意味を知ることで、言葉を使いこなすことが出来ます。それでは早速「範疇」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「範疇」の意味は?

「範疇」には、次のような意味があります。

はん‐ちゅう〔‐チウ〕【範×疇】
1 《「書経」洪範の「天乃ち禹に洪範九疇を錫(たま)う」から》同じような性質のものが含まれる範囲。カテゴリー。「コメディーの―に属する映画」「趣味の―を出ていない」

2 哲学で、あらゆる事象をそれ以上に分類できないところで包括する一般的な基本概念。

㋐アリストテレスで、あらゆる存在者がその下に包摂される最高類概念。実体・量・質・関係・場所・時間・位置・状態・能動・受動の10項目。

㋑カントで、純粋理性概念(理念)から区別された純粋悟性概念。思惟能力としての悟性の先天的形式で、これによって悟性は対象を認識へと構成する。量(単一性、数多性、総体性)、質(実在性、否定性、制限性)、関係(付属性‐自存性、原因性‐依存性、相互性)、様相(可能性‐不可能性、現存在‐非存在、必然性‐偶然性)の4項12目。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「範疇」

「範疇」の意味1は、日常会話やビジネスシーンでよく使う意味になります。ある行動が範囲の中にあるという意味や同じ種類のものであるという意味です。前者の範囲として使う人が多いのではないでしょうか。カテゴリーという分類を表すときにも使う言葉です。

「範疇」の意味2は、哲学用語での意味になります。哲学を学ぶ機会が少ない日本では、「範疇」の意味2はなじみがないかもしれません。意味2を端的にいうと最も基本的な概念を「範疇」と表したアリストテレスと人が依存してしまう概念を「範疇」と表したカントであるということです。概念とは、人が認知した事象に対して、抽象化、普遍化し、思考の基礎となる基本的な形態となるように、思考作用によって意味づけられたものを表します。

「範疇」の語源は?

次に「範疇」の語源を確認しておきましょう。「範疇」の語源は、「洪範九疇」とされています。

「洪範九疇」

「洪範九疇」の意味は次の通りです。

\次のページで「「範疇」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: