国語言葉の意味

「曲解」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターが解説!

・彼女の第一印象から誤解していたが、とても良い人だった。

・何も言わないと興味がないものと*誤解され失礼にあたります

・なぜか彼女がカンカンに怒っているが、多分誤解しているのだろう

その2「曲説」

「曲説」は「きょくせつ」と読み、「事実を曲げて説明すること。また、その説明」という意味。事実を曲げるという点で似ていますが、「曲説」は事実を曲げたうえで説明するというニュアンスがあるため、適切に場に応じて使い分けていきましょう。

・発言内容を曲説した記事が公開されている。

・今回の一連の不祥事に関して、曲説された記事が公開された。

その3「歪曲」

「歪曲」とは、「ゆがめ曲げること。ゆがみ曲がること」という意味。意図的に捻じ曲げるという意味では同じですが、「曲解」との大きな違いは、受け取るか相手に伝えるかという点です。「歪曲」は物事や内容について故意に捻じ曲げて伝えるという意味があります。

・肝心な点が歪曲して伝わったので、多くの人がその件について誤解している。

・このメディアは、真実を歪曲して報道していると批判されている。

・そんなつもりはなかったのに、いつの間にか歪曲して伝わっていた

「曲解」の対義語は?

「曲解」の対義語について見ていきましょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: