国語言葉の意味

「恒常」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

「恒常」の使い方・例文

「恒常」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.この通りは渋滞が恒常的に発生している

2.食糧問題という恒常的な課題に対して、頻繁に話し合う必要がある

3.生体には体内環境を一定に保とうとする性質、恒常性が存在する

「恒常」を利用する際のポイントは「恒常的な〇〇」や「恒常的に〇〇している」と利用されることが一般的である点です。「恒常的な〇〇」とは、「恒常的」と具体的な状態を表す言葉を組み合わせて利用します。例えば「恒常的な人手不足」や「恒常的な交通渋滞」などと利用できますね。「恒常的に〇〇している」は「恒常的」と具体的な動作を組み合わせて、「一定の期間変わらず〇〇である」という表現ができる言い回しです。例えば「恒常的に不正が行われた」「恒常的に良い成績を納めている」などと利用できます。

「恒常」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「恒常」の類義語には「持続」「恒久」などがあります。例文と一緒に詳しく見ていきましょう。

その1「持続」

「持続」は「じぞく」と読み、「長く続くこと」「もち続けること」という意味を持ちます。「手に握ってもつ」「もちこたえる身につける」という意味を持つ「持」という漢字と、「糸が切れないようにつなぐ」「つぐ」「つづける」「つづく」という意味を持つ「続」という漢字から成り立っているので、そこからも意味が推測できますね。「恒常」との違いは、「恒常」は「人手不足などネガティブな文脈でも利用できる」ことに対し、「持続」は「成長などポジティブな場合に利用される」言葉です。混同しないよう、気をつけて利用しましょう。

\次のページで「その2「恒久」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: