この記事では「ちやほや」について解説する。

端的に言えばちやほやの意味は「機嫌を取る」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

接客業で鍛えられた語学力を持つAYAを呼んです。一緒に「ちやほや」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/AYA

長年接客業で培った「正しい敬語」を武器に、新人教育の経験も豊富なライターAYAが「ちやほや」について読み方から使い方、よくある読み間違いも含めて、分かりやすく解説していく。

「ちやほや」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「ちやほやされたい」と思ったことはありませんか?誰かを「ちやほや」したことはありますか?おそらくどんな年代の人にでも経験がある感情じゃないでしょうか。では「ちやほや」と聞くとどんなイメージが沸くでしょうか?今回は「ちやほや」について解説していきます。

それでは早速「ちやほや」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「ちやほや」の意味は?

「ちやほや」には、次のような意味があります。

1.相手の機嫌を取るようなさま。
2.周りが機嫌を取ったり甘やかしたりするさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「ちやほや」

「ちやほや」とは、「機嫌を取ったり、甘やかしたりするさま」の意。なぜ機嫌を取るのでしょうか?上司に気に入られたいからとか彼女を怒らせたくないから、といったわけではありませんね。ここでの「機嫌を取る」は、相手に良く思われたい・好かれたい、特別視するという意味です。一般的には「可愛い女の子はちやほやされる」のイメージで男性が女性に、といったニュアンスで使われる事が多い言葉ですが、どちらかというと「甘やかす」の意味が強い言葉で、男性にも使われますよ。

「ちやほや」の語源は?

次に「ちやほや」の語源を確認しておきましょう。この言葉には古い歴史があり、遡ると10世紀末の平安時代にまで行き着きました。古文で「蝶よ花よと育てられ」というフレーズを勉強したのを覚えているでしょうか?『たけくらべ』や『源氏物語』『枕草子』などで用いられているフレーズですよ。子供が愛情をたっぷりと受けて育てられた様子を表す「蝶よ花よ」が「ちやほや」に変化していったのです。

実は最初は「花や蝶や」だったのが江戸時代あたりに「蝶や花や」と入れ替わり、それが定着し「ちやほや」に変化した、というのが正確な語源になりますよ。ですので『源氏物語』や『枕草子』では「花や蝶や」と表記されていますよ。

\次のページで「「ちやほや」の使い方・例文」を解説!/

「ちやほや」の使い方・例文

「ちやほや」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.孫は無条件に可愛くてついちやほやしてしまう。
2.容姿端麗な彼女はいいつもみんなからちやほやされている。
3.クラスマッチで大活躍した彼はみんなにちやほやされるようになった。

3つの例文を挙げてみました。語源を受けて例文1は、祖父母が孫を猫可愛がりするという話はよく聞きますよね。久しぶりの乳幼児、親のような「躾」という責任が多くない立場の祖父母にとっては、孫は「蝶よ花よ」ととにかく可愛くて仕方がない存在ですね。例文2の学校や社内でマドンナ的存在の女性は、必ず周りに1人はいますよね。例文3は例文2の男性バージョンですね。スポーツが出来る子、頭が良い子、陽キャなどクラスの人気者も必ず1人はいますよね。

ちやほやされる要素はそれぞれですが、その存在だけで周りにプラスの影響力を持つような人が「ちやほや」される傾向がありますよ。

「ちやほや」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「ちやほや」と似た意味の言葉はあるでしょうか。

「もてはやす」

「もてはやす」「多くの人が口々に褒め称えること」の意。「みんなが盛んに褒めたり、多くの人が話題にする」という意味もあり、まさしく「ちやほや」することを表していますね。もてはやすの「もて」は「持てる」から「支えるられる」になり「人気がある」に派生していますよ。「もてはやす」には「讃える・高く評価する」の意味も含まれているところが「ちやほや」との違いですよ。

\次のページで「「ちやほや」の対義語は?」を解説!/

「ちやほや」の対義語は?

「ちやほや」には対義語はあるのでしょうか?「褒められる・甘やかされる」の反対の意味になるので、ネガティブな言葉を連想しますね。

「ないがしろ」

「ないがしろ」とは「あってないもののように軽んじること・侮り軽んじること・冷たくあしらうこと」の意。漢字にすると「蔑ろ」となり、蔑には「人をバカにする・見下す・さげすむ」などの意味がありますよ。みんなに甘やかされる「ちやほや」とは正反対なので、対義語としてふさわしいでしょう。

「ちやほや」の英訳は?

image by iStockphoto

「ちやほや」を英語表現するとどうなるでしょうか?一緒に見ていきましょう。

「spoil」

「ちやほや」を英語で表現すると「spoil」になります。カタカナ表記するとピンとくる方も多いのではないでしょうか。最近よく耳にする「スポイル」と同じですよ。意味は「ダメにする・台無しにする・甘やかす」など本来の形からダメにするさまを「spoil」と言いますよ。最近ではゲームや書籍のネタバレのことを「スポイラー」といった言い方もしますよ。物語の結末をネタバレして楽しみをスポイルするからきていますよ。

「Don't spoil the child. 」(子供をちやほやしてはいけません。)

「She is always spoiled.」(彼女はいつもちやほやされている。)

\次のページで「「ちやほや」を使いこなそう」を解説!/

「ちやほや」を使いこなそう

この記事では「ちやほや」の意味・使い方・類語などを説明しました。「ちやほや」とは、「機嫌を取ったり甘やかされる」ことを表す言葉でしたね。小さな子供から大人まで老若男女使える言葉ですよ。愛情をたっぷりと注いで育てる「蝶よ花よ」から「ちやほや」に変化していった言葉で、その歴史は平安時代に始まりました。当時は「羨ましい」気持ちを表す言葉でしたが、現在は「甘やかす」の意味が強い傾向にありますね。ですがちやほやする心の奥にある妬みや下心などは、語源を忠実に貫いている気がしますよ。

日常でよくある事だからこそ、その意味を知り理解を深めて頂けると幸いです。

" /> 「ちやほや」の意味や使い方は?例文や類語を読書好きWebライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

「ちやほや」の意味や使い方は?例文や類語を読書好きWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「ちやほや」について解説する。

端的に言えばちやほやの意味は「機嫌を取る」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

接客業で鍛えられた語学力を持つAYAを呼んです。一緒に「ちやほや」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/AYA

長年接客業で培った「正しい敬語」を武器に、新人教育の経験も豊富なライターAYAが「ちやほや」について読み方から使い方、よくある読み間違いも含めて、分かりやすく解説していく。

「ちやほや」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「ちやほやされたい」と思ったことはありませんか?誰かを「ちやほや」したことはありますか?おそらくどんな年代の人にでも経験がある感情じゃないでしょうか。では「ちやほや」と聞くとどんなイメージが沸くでしょうか?今回は「ちやほや」について解説していきます。

それでは早速「ちやほや」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「ちやほや」の意味は?

「ちやほや」には、次のような意味があります。

1.相手の機嫌を取るようなさま。
2.周りが機嫌を取ったり甘やかしたりするさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「ちやほや」

「ちやほや」とは、「機嫌を取ったり、甘やかしたりするさま」の意。なぜ機嫌を取るのでしょうか?上司に気に入られたいからとか彼女を怒らせたくないから、といったわけではありませんね。ここでの「機嫌を取る」は、相手に良く思われたい・好かれたい、特別視するという意味です。一般的には「可愛い女の子はちやほやされる」のイメージで男性が女性に、といったニュアンスで使われる事が多い言葉ですが、どちらかというと「甘やかす」の意味が強い言葉で、男性にも使われますよ。

「ちやほや」の語源は?

次に「ちやほや」の語源を確認しておきましょう。この言葉には古い歴史があり、遡ると10世紀末の平安時代にまで行き着きました。古文で「蝶よ花よと育てられ」というフレーズを勉強したのを覚えているでしょうか?『たけくらべ』や『源氏物語』『枕草子』などで用いられているフレーズですよ。子供が愛情をたっぷりと受けて育てられた様子を表す「蝶よ花よ」が「ちやほや」に変化していったのです。

実は最初は「花や蝶や」だったのが江戸時代あたりに「蝶や花や」と入れ替わり、それが定着し「ちやほや」に変化した、というのが正確な語源になりますよ。ですので『源氏物語』や『枕草子』では「花や蝶や」と表記されていますよ。

\次のページで「「ちやほや」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: