国語言葉の意味

「鋭意」の意味や使い方は?例文や類語を広報担当者ライターがわかりやすく解説!

この記事では「鋭意」について解説する。

端的に言えば鋭意の意味は「一生懸命」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は広報担当者としての経験を持つライター「井上 樹」を呼んです。一緒に「鋭意」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/井上 樹

“広報担当者”としての顔を併せ持つライター。「単語の意味レベルでも、誤った情報は発信しない」をモットーにしている。今回は「鋭意」について分かりやすく解説していく。

「鋭意」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「鋭意」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「鋭意」の意味は?

「鋭意」には、次のような意味があります。

気持ちを集中して励むこと。専心。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「鋭意」

「鋭意」は「えいい」と読み、ビジネスシーンなどでよく使われる言葉です。冒頭で桜木さんが説明したように、「一生懸命」という意味を持ち、かつポジティブな気持ちで一生懸命取り組むというニュアンスがあります。

例えば「努力します」だけだと、ネガティブな気持ちを持ったまま発言している可能性を捨てきれません。しかし「鋭意努力します」と言うことで前向きな気持ちを伝えることができるので、相手に安心してもらえるという効果があるわけですね。

「鋭意」の具体的な使い方は、後で例文を紹介します。

「鋭意」の語源は?

次に「鋭意」の語源を確認しておきましょう。

使われている漢字を見てみると、「するどい・先がとがっている」または「強い・勢いがある」という意味を持つ「鋭」、そして「こころ・気持ち」などの意味を持つ「意」で出来た形になっています。

この2つの言葉が合わさったことで「鋭意」は物事に集中して取り組むという前向きな気持ちを表す言葉になりました。

「鋭意」の使い方・例文

先ほど「ビジネスシーンなどでよく使われる」と紹介しましたが、実際にはどんな使われ方をするのでしょうか。以下の例文を見ながら、「鋭意」の使い方を理解していきましょう。

\次のページで「「鋭意」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: