国語言葉の意味

「果断」の意味や使い方は?例文や類語を読書好きライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「果断」について解説する。

端的に言えば果断の意味は「物事を思い切って行うこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

哲学書好きライターのTakk1976を呼んだ。一緒に「果断」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/Takk1976

学生時代から読書の虫。特に東洋、西洋の哲学書に親しみ、日々新しい言葉に出会うことが喜び。田舎に住み、米作りに励みながら晴耕雨読の日々を暮らす異色のライターが「果断」について解説していく。

「果断」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 69385684

それでは早速「果断」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「果断」の意味は?

「果断」は「かだん」と読み、次のような意味があります。

物事を思いきって行うこと。決断力のあること。また、そのさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「果断」は「ためらいや迷いのない態度、思い切った行動」といった意味があります。また人物を評して、決断力がある時にも使われる言葉です。一般的には良い意味で使われる言葉で、「積極果断」という四字熟語があるように、どんどん積極的に物事に取り組んでいく態度を称賛するかたちで用いられことが多いと言えます。

「果断」は単独で名詞として使うこともできますし、「果断な対応」「果断な行動」のように形容詞的に使うこと可能です。

「果断」の語源は?

ここでは「果断」の語源を漢字をひもときながら確認しておきましょう。まず「果」の字ですが、このじはいろんな意味があり、その中の一つに「思い切りの良い」「思い切った」という意味があります。「勇猛果敢」という四字熟語がありますが、ここでの「果」は「思い切りの良い」という意味です。

次に「断」ですが、これは「決断」という言葉からもわかるように、「物事を決める」という意味があります。

このように2つの漢字を見ていくことで、「果断」が「思い切りのよい行動」という意味を持つことがわかるのではないでしょうか?

次のページを読む
1 2 3
Share: