国語言葉の意味

「暫時」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

「for the time being」

「しばらく」は英語で「for the time being」と表現でき、「for」は「~の間」という意味、「for」と「time being(当面)の間」で「しばらくは」という意味となります。文頭、文末に置くことができ、文頭に使う場合はカンマ(,)で区切って使うのが一般的です。

1.I haven’t been meeting him for the time being
(しばらく彼と会っていない)

2.Please wait for now
(しばらくお待ちください)

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「暫時」は「ざんじ」と読み、「しばらくの間」という意味を持つことがわかったな。似ている言葉には「少しの間」という意味の「一寸」があり、対義語には「久しい過去に始まって変わらず続くこと」という意味を持つ「悠久」がある。利用する際は意味や使い方を理解して利用するといいぞ。

「暫時」を使いこなそう

この記事では「暫時」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「暫時」は、「しばらくの間」という意味であることが分かりましたね。類義語である「一寸」との使い方やニュアンスの違いをしっかりと理解して利用しましょう。

暫時は、あまり日常で使うことはないかもしれませんが、知っておくと語彙力が伸びるので学んでおいて損はないですね。

1 2 3 4
Share: