国語言葉の意味

「暫時」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

1.ギャンブルは勝てば良いが、一寸先は闇だ

2.鳥渡の努力を頑張れないのが、私のダメなところだ

3.最新のサイトでダイエットの方法を確認したが、一寸の努力は必要なようだ

「暫時」の対義語は?

「暫時」の対義語には「悠久」「恒久」などがあります。例文と一緒に詳しく見ていきましょう。

その1「悠久」

「悠久」は「ゆうきゅう」と読み、「久しい過去に始まって変わらず続くこと」という意味を持ちます。「遠く長くしてつきない」「気が長くてこせつかない」という意味を持つ「悠」という漢字と、「時間的に長い」「長い間そのままにしてある」という意味を持つ「久」という漢字から成り立っているので、そこからも意味が推測できますね。「暫時」が「しばらくの間」であることにに対し、「悠久」は「変わらず長い時間続くこと」を意味するので、対義語として数えられることが分かりますね。

その2「恒久」

「恒久」は「こうきゅう」と読み、「永く変わらないこと」という意味を持ちます。「いつも変わらない」という意味を持つ「恒」という漢字と、「時間的に長い・長い間そのままにしてある」という意味を持つ「久」という漢字から成り立っているので、そこからも意味が推測できますね。「暫時」が「しばらくの間」であることにに対し、「恒久」は「永遠に不変なこと」を意味するので、対義語として数えられることが分かりますね。


「恒久」は「恒久的」「恒久化」「恒久対応」などが言い回してとしてよく使われます。下記の例文で確認しておきましょう。

1.この森は、悠久の昔から変わらないらしい

2.暫定的に行われていたリモートワークを恒久的に導入する企業が増えているという情報を得た

3.システムトラブルでは、まず暫定対応で復旧させてから、トラブル発生の原因究明と対策を講じる恒久対応をとる

「暫時」の英訳は?

image by iStockphoto

「暫時」という意味の英単語はありません。「しばらく」という表現をしたいのであれば「for now」と「for the time being」という英語を使います。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: