国語言葉の意味

「ロット」の意味や使い方は?例文や類語を字幕制作者がわかりやすく解説!

この記事では「ロット」について解説する。

端的に言えばロットの意味は「生産や出荷の単位」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

ドラマやアニメなど、数多くの映像字幕を作成した経験があるNagiを呼んです。一緒に「ロット」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/Nagi

映像翻訳スクール出身。翻訳、チェッカー以外にも、CC字幕(クローズドキャプション)の制作多数。言葉を文字で表現する「字幕」の世界に数多く触れてきた経験を活かして、分かりやすく解説する。

「ロット」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

ロット」という言葉を聞いたことがありますか?聞いたことはあるけれど、よく分からないという人が多いのではないでしょうか。製造・販売・物流などの業界で使われている言葉です。

それでは早速「ロット」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「ロット」の意味は?

まず事典に記載されている説明を見てみましょう。「ロット」には、次のような意味があります。

商品・製品を取引する場合のひとまとまりの単位のこと。1回に生産できる量、または1注文で売買できる量を示す。

出典:コトバンク「ロット」

「ロット」という単位を使うと製造の効率化がはかれ、需要と供給のバランスが維持できます。さらには在庫管理やコスト管理品質管理も向上するので、製造業にとって不可欠な用語といえるでしょう。「ロット」には、1ダース=12個のような単位基準はありません。ロットでまとめる数量というのは、主に製造者側によって設定されます。

1回で生産する量は「製造ロット」。1注文で売買できる量は「購入(発注)ロット」。物流の場で使われている「輸送ロット」「配送ロット」「保管ロット」などの用語も一般的です。

「ロット」の語源は?

次に「ロット」の語源を確認しておきましょう。「ロット」は英語の「lot」をそのままカタカナにした用語です。「lot」の語源は「割り当てられたもの」。ここから「一山の商品」という意味になりました。

ちなみに、美容院でよく聞く「ロッド」は別の単語です。英語で書くと「rod」となり「」を意味します。パーマを巻く時に使う道具のことですね。間違えて覚えてしまわないように気をつけてください。

\次のページで「「ロット」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: