国語言葉の意味

【慣用句】「面の皮」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「面の皮」について解説する。

端的に言えば面の皮の意味は「顔面の表皮」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

情報誌系のライターを10年経験した柊 雅子を呼んだ。一緒に「面の皮」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/柊 雅子

イベントの司会や雑誌の記事作成を仕事としてきたライター、柊 雅子。「若い頃よりも随分面の皮が厚くなった」と自覚するおばさんライターが面の皮について解説する。

「面の皮」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「面の皮」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「面の皮」の意味は?

「面の皮」には、次のような意味があります。

1.顔面の表皮。面皮。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「面の皮」

「面の皮」とは顔の表面の皮膚のことです。

「面の皮」はこの言葉だけで用いられることはありません。皮膚科を受診しても「ここの面の皮の湿疹は…」と言われることはありませんよね。「面の皮」という言葉は「面の皮」という単語だけでなく、他の単語と結び付いて日々の生活の中で使われます。

「面の皮」を使った慣用句

面の皮はどんな言葉と結び付いて、どんな用いられ方をするのでしょうか?

これから「面の皮」に関連する言葉をみていくことにしましょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: