国語言葉の意味

「とんでもない」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「とんでもない」について解説する。

端的に言えばとんでもないの意味は「まったくそうではない」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

中高生に英語や数学など、指導経験豊富なライター要を呼んだ。一緒に「とんでもない」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/要

塾講師を5年していた経験がある。留学経験があり、学生時代は留学生と英語でコミュニケーションを取っていた。日本語とは違った英語の感覚をわかりやすく伝える。

「とんでもない」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「とんでもない」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「とんでもない」の意味は?

「とんでもない」には、次のような意味があります。

1.思いもかけない。意外である。
2.もってのほかである。
3.まったくそうではない。滅相もない。相手の言葉を強く否定していう。

出典:goo辞書「とんでもない」

普段何気なく使っている「とんでもない」という言葉。いろいろな意味で使われますが、大きく分けると3つ。「思いもよらない」、「もってのほかである」、「全くそうではない」です。この3つの意味をよく見ると、意味に違いがある事がわかりますね。

1つ目の意味は、マイナスな意味で用いられる事もありますが、プラスの意味で使われる事が多いです。一方で、2つ目と3つ目の意味はマイナスの意味で用いられます。つまり、プラスとマイナスの両方の意味を兼ね備えた言葉ということ。状況に応じて、正しい意味を推測する事が必要になります。

「とんでもない」の語源は?

次に「とんでもない」の語源を確認しておきましょう。

「途でもない」という言葉から、「とんでもない」という意味に変わりました。

「途」とは「道」という意味があります。これを「でもない」と続けて否定するので、「道理を外れた」や「考えもしない」といった意味を持つようになりました。そこから更に変化して、現在の3つの意味を持つようになったと言われています。

「とんでもない」の使い方・例文

「とんでもない」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

<思いもかけない。意外である。>

1.とんでもない事件が発生した。
2.とんでもない技術ができた。
3.この研究結果は、とんでもない成果になるぞ。

<もってのほかである。>

1.彼はとんでもない事をしてくれた。
2.これは、とんでもない失敗だ。

<まったくそうではない。滅相もない。相手の言葉を強く否定していう。>

1.(相手の言ったことを否定して)とんでもない!
2.彼が出世をするなんて、とんでもない。

「思いもかけない」という意味で使われると、「素晴らしい」や「偉大な」と言ったプラスの意味に近い表現になります。ときどき、「想像もしなかった」という意味でマイナスの表現になることもありますね。

「もってのほか」という意味で使うと、「常識からは考えられない」というマイナスのニュアンスで用いられます。また、「まったくそうではない」では、「そんなことはない」や「あり得ない」といった意味。相手の言ったことや想像を完全に否定する言葉になっていますね。

場面によって意味も異なり、使い方にも違いがあります。3つの意味をしっかり覚えたいですね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「とんでもない」には、3つの意味があるぞ。否定するというニュアンスだけでなく、プラスの意味で用いられる事もあるからな。しっかり覚えておけよ。

「とんでもない」の敬語表現

「とんでもない」という言葉は、「とんでもないです」「とんでもございません」のように敬語として用いられる事が多いです。ビジネスシーンでも用いられる言葉なので、敬語表現もおさえておきましょう。

「とんでもございません」は誤り?

「とんでもございません」という表現、文法的には誤りとされています。「とんでもない」というのは、形容詞。それを「とんでもございません」という表現にしてしまうと、「とんでも」だけで区切ってしまいますよね。そこで正しい表現は、「とんでもないことでございます」になります。ただ、会話の中で「とんでもないことでございます」と言うと、大袈裟な印象を与えてしまう事も。そのため、使っている人はあまり見かけません。

そこで、「とんでもないことでございます」よりも使われている「とんでもございません」や「とんでもありません」という表現は、使用しても良いという見解がでました。

平成19年(2007)2月文化審議会答申の『敬語の指針』では、相手からのほめ言葉に対して謙遜しながら軽く打ち消す表現として「とんでもございません(とんでもありません)」を使っても、現在では問題ないとしている。
なお、「とんでもない」には「もってのほかだ」と強く否定する意味もあり、「とんでもないことでございます」を使う場合は注意が必要と『指針』は述べている。

出典:goo辞書「とんでもない」

そのため、文法的には誤りでも、会話の中で使う事は問題ありません。それでも、「とんでもございません」という表現に違和感を覚える人もいるので、使う時には注意が必要になります。

ビジネスシーンでの「とんでもない」の使い方

ビジネスシーンでは、「とんでもない」という表現は3つのパターンで使われます。

<パターン1>
相手から褒められた時

A.今回の取引、よくやった!
B.いえ、とんでもないです。

<パターン2>
上司からお礼を言われた時

A.この前は助かった!ありがとう。
B.とんでもないです。お役に立てて光栄です。

<パターン3>
上司から謝罪された時

A.この前は悪かった。
B.とんでもないです。

よく使われるのは、パターン1。相手から褒められた時に、謙遜を込めて「そんなことありません」「そんなにすごくないです」といったニュアンスで使う事ができます。上司だけでなく、同僚や後輩に対して使っても、謙虚な姿勢を見せる事ができますよ。ただ、「とんでもない」ばかり伝えていると、せっかく褒めてくれた相手に失礼になります。「ありがとうございます」や「光栄です」という言葉もうまく活用しましょう。また、この場面では「めっそうもない」や「身に余るお言葉」という表現も、「とんでもない」に代わって使うことができます。

パターン2と3も使えますが、使い方によっては相手を否定し過ぎてしまう事も。そこで、一言加えて相手の気持ちを無下にしないように意識してみてください。

「とんでもない」の類義語は?

image by iStockphoto

「とんでもない」の類義語は、意味によっても異なります。それぞれの意味における類義語を見ていきましょう。

その1「思いがけない」

「思いがけない」という意味から考えられる類義語には、「信じがたい」「予想もしない」などがあります。プラスの意味で用いられる場合には、「素晴らしい」や「考えもしない」といった表現で言い換えることもできますね。

その1「もってのほか」

「もってのほか」は、「不道徳な」「常識から外れた」という表現が類義語にあたります。常識では考えられないという意味から考えると、「正気の沙汰ではない」も類義語と言えるかもしれません。

その3「まったくそうではない」

相手の発言を否定する際の「とんでもない」は、「滅相もない」「決してない」という表現が類義語になります。相手を否定する意味で用いられるため、「間違っている」というニュアンスを持っていれば、似たような意味を表す事ができますね。

「とんでもない」の対義語は?

「とんでもない」の対義語は、反対の意味を持つ言葉として挙げておきます。

「当たり前」

「とんでもない」という表現には、「非常識な」「もってのほかである」という意味がありましたね。つまり、「あり得ない」ということ。そこで、その反対の意味を考えると「当たり前」が対義語に挙げられます。

「当たり前」は、「当然そうであること」を意味する言葉です。「とんでもない」は否定する時に用いますが、「当たり前」は出来事や相手を肯定する時にも使えます。使い方から見ても、反対のニュアンスを持つ言葉と言えそうですね。

「とんでもない」の英訳は?

image by iStockphoto

「とんでもない」を直接英語にする表現は、存在しません。そこで普段「とんでもない」と似た場面で使える表現を、見ておきましょう。

\次のページで「相手に謝られた時」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: