国語言葉の意味

「プレゼンツ」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「プレゼンツ」について解説する。

端的に言えばプレゼンツの意味は「提供する」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

さまざまな分野の本に触れ、知識を培ってきた「つゆと」を呼んだ。一緒に「プレゼンツ」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

tsuyuto

ライター/つゆと

子供の頃からの筋金入り読書好きライター。むずかしい言葉や複雑な描写に出会っても、ねばり強く読みこんで理解することをポリシーとする。言葉の意味も、妥協なくていねいに解説していく。

「プレゼンツ」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「プレゼンツ」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「プレゼンツ」の意味は?

「プレゼンツ」には、次のような意味があります。

1.〈賞・賛辞などを〉(人・団体に)贈る
2.〈物を〉提示する
3.〈考え・情報などを〉発表する
4.〈状況・問題などを〉(人に)差し出す

出典:プログレッシブ英和中辞典(小学館)「present」

「プレゼンツ」は国語辞書には載っていない場合があります。「プレゼント」は載っていますが、その意味は「贈り物」。「プレゼンツ」の使い方を解説するにはその意味では足りません。ここでは、語源である英語の「present(動詞)」を引いて解説します。

日本語の「プレゼンツ」の意味は「提供する」です。「○○(企業名など) プレゼンツ」と使われていたら「○○が提供する」という意味になります。上の辞書の意味で該当するのは2でしょうか。テレビ番組でいう「提供」とは「番組を提示(放送)する」ための製作費を出しているということです。お金を出しているスポンサーである、という意味ですね。

ほかに「案内人をする」という意味でも使います。「ビートたけしPresents 奇跡体験!アンビリバボー」や「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」の例で分かりますね。

「プレゼンツ」の語源は?

次に「プレゼンツ」の語源を確認しておきましょう。「プレゼンツ」の語源はすでに述べたとおり、動詞の「present」。英語の動詞は、主語が三人称単数(「I(私)」と「You(あなた)」以外の、複数でないもの)のとき、現在形の最後に「s」をつけます。例えば「KIRIN presents(キリンが提供する)」のように。この使い方が「プレゼンツ」の語源です。

「present」の名詞形は「presentation」。日本語でいう「プレゼン」のことですね。意味は「提示」です。

名詞の「present」は贈り物の「プレゼント」のことをさします。動詞「present」にも「贈る」という意味がありますが、そのイメージを正しく言い表すとすれば「寄贈」。「かしこまったシチュエーションで授与する」というのが動詞の「present」であり、語源としては適当ではありません。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
tsuyuto