国語言葉の意味

「誠意」の意味や使い方は?例文や類語をたくさんの文章を扱ってきたライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「誠意」について解説する。

端的に言えば「誠意」の意味は「まごころ」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

大手企業に35年以上勤務し、仕事でたくさんの文章に携わってきた経験を持つベテランのKAIKAIを呼んだ。一緒に「誠意」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/KAIKAI

東京の大手企業に35年以上勤務し、仕事でたくさんの文章を扱ってきた経験を持つ。学生時代から国語が得意で言葉の意味には自信あり。

「誠意」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「誠意」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「誠意」の意味は?

「誠意」には、次のような意味があります。

私利・私欲を離れて、正直に熱心に事にあたる心。まごころ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「誠意」

「誠意」とは、「物事に対して心のこもった状態で取り組んだり向き合ったりすること」を言います。「正直な行動を誓ったり、物事に心をこめて取り組む決意や姿勢を伝えたりする場合に使用される」のです。「誠意のこもった贈り物」「誠意を示す」「仕事に誠意をもって取り組んでいきたいと思います」などと使われます。

また、「誠意」という言葉はよくお詫びする際に、お詫びすることに加えて今後改善すべきことの決意を相手に伝えるために用いられるのです。「大変申し訳ありませんでした。以後、このようなことのないよう誠意をもって対処します」といった感じで使われます。

「誠意」の語源は?

次に「誠意」の語源を確認しておきましょう。

「誠」は、「嘘や偽りのない気持ち」「人のために貢献しようとする純真な心」を意味します。「意」は、「ものごとを行おうとする意思」「正直な気持ち」を意味するのです。この二つの語句が合わさって「誠意」という言葉が生まれました。「誠意」は心にするだけではなく、行動として実践されて初めて相手に伝わり、具現化されるものなのです。

なお、「誠心」と言う言葉を加えて「誠心誠意」(せいしんせいい)と言う場合もありますが、「誠心」の「誠」は、「嘘や偽りのない」「人のために貢献しようとする純真な」を意味します。「心」は、「精神的な行動のもとになるもの」のことで、合わせて「誠心」は、「他人をあざむいたり間違ったことを行わないような人のこころ」という意味になるのです。「誠心誠意」は「誠意」をさらに強調するニュアンスで使われています。例えば、「誠心誠意このプロジェクトに取り組みます」などと使われるのです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: