国語言葉の意味

「ヘタレ」の意味や使い方は?例文や類語を読書好きWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「ヘタレ」について解説する。

端的に言えばヘタレの意味は「臆病で弱い」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

接客業で鍛えられた語学力を持つAYAを呼んだ。一緒に「ヘタレ」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/AYA

長年接客業で培った「正しい敬語」を武器に、新人教育の経験も豊富なライターAYAが「ヘタレ」について読み方から使い方、よくある読み間違いも含めて、分かりやすく解説していく。

「ヘタレ」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「ヘタレ」と聞いて、何を思い浮かべますか?私は食後に居眠りをする子、夕方になると「足がいたぁい」と言っている新入社員などを見ると「ヘタレだなぁ」と思ってしまいます。もちろんごく一部で、ほとんどの子は頑張っているので余計にそう感じてしまいますね。そんな「ヘタレ」という言葉について解説をしていきたいと思います。

それでは早速「ヘタレ」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「ヘタレ」の意味は?

「ヘタレ」には、次のような意味があります。

1.臆病で情けない様子。
2.能力がなく、物事がまるでできない様子。またそうした人。
3.弱々しく気力に乏しいさま。またそのような人。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「ヘタレ」

「ヘタレ」とは、「臆病で情けない・能力がない・弱々しく気力に乏しい」ような人を指す言葉です。辞典に書いてある意味が思っていた以上に辛辣というか、厳しい内容に少し驚いているのは自分だけでしょうか。イメージとしては「甘ったれ・根性なし」と感じるような人に使う言葉と思っていたので修正をする必要がありそうですね。そしてもう一つ驚いたのが、デジタル大辞泉では「ヘタレ」を使う対象は「人のみ」という事です。もう少し違った角度から調べてみましょう。

「ヘタレ」の語源は?

次に「ヘタレ」の語源を確認しておきましょう。諸説あるのですが、「ヘタレ」という言葉は昭和時代に芸人の間での楽屋言葉が発祥の俗語と言われています。「小便垂れ」のように一人前ではない芸人を「屁垂れ(ヘタレ)」と言っていたのが語源とされていますよ。平成以降芸人がテレビなどでも言うようになり、それが若者の間でも「腰抜け・根性なし」の意味で、若者言葉としてカタカナ表記で浸透していったという経緯になりますよ。

もうひとつ語源があるので紹介しますね。「元気がなくなる」の意味の「へたる・へたれる」が名詞的用法「ヘタレ」として使われるようになったという説です。「疲れて座り込むさま」や「ナイフの角がへたった」など物の劣化などにも使われていますよ。物がへたるという使い方をする場合は関西の方言とも言われていますよ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: