国語言葉の意味

自分の気持ちなのにどこか他人事?「嫌気が差す」の意味や使い方・類義語などを言葉大好きライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「嫌気が差す」について解説する。「嫌気が差す」はかなり感情に寄った言葉だ。堅苦しいというよりも真剣で、真面目に感じていることを表現するようなニュアンスが強い。そのため、使う際は本気で思ってるときにするべきだな。元建築系企業社員、現言葉大好きライターのsasaiを呼んだ。一緒に「嫌気が差す」の意味や使い方、類義語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/sasai

元会社員の現役フリーライター。言葉が好きで文章が好き。読むのも書くのも大好きで、海外小説からビジネス書まで何でも読む本の虫。こだわりをもって言葉の解説をしていく。

「嫌気が差す」ってどういう意味?

image by iStockphoto

「嫌気が差す」の意味は以下のとおりです。

嫌だと思う気持ちになる。いやきがさす。

出典:goo辞書「嫌気が差す」

「嫌気が差す」は、嫌な気持ちになるという意味です。より正確に言うと最初はそこまで嫌だとは思わなかったものの、段々ストレスに感じるようになってきて、最後にはうんざりしたという場合に使います。

「嫌気」は文字どおり「嫌な気分」という意味であり、「差す」という言葉は影が差す、日が差すなどの「差す」です。「おとずれる」というニュアンスもあり、「嫌な気分がおとずれる」という意味になります。解説すると文字通りの意味であることがわかるため、覚えるのに苦労はしないでしょう。

「嫌気が差す」の読み方は?

「嫌気が差す」の読み方は「いやけがさす」です。前述しましたが、「いや”き”がさす」とも読みます。「嫌気」を「いやけ」と読むのは、予備知識なしでは想像はついても、自信を持って読めないでしょう。人によっては「けんき」と誤読することもありますが、明確な間違いであるため覚えておきましょう。

「嫌気」は「いやけ」でも「いやき」でもどちらでも構いません。ただ、「いやけ」の方が「が差す」と続けた際にやや読みやすいため、「いやけ」と読む人の方が多いです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

どうでも良いことと思われることもあるが、「言いやすさ」は言葉の世界ではとても重要だ。言いにくい言葉ほど浸透しにくく、消えやすい。逆に言いやすい言葉は広まりやすいものだ。

\次のページで「「嫌気が差す」ってどう使うの?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: