世界史中東の歴史

5分でわかる「エジプト文明」砂漠に現れ、ピラミッドを創造した文明を歴史オタクがわかりやすく解説

よぉ、桜木健二だ。エジプトと言えば、砂漠とピラミッドなんかの遺跡の映像が一番最初に浮かぶだろう。ところで、そのピラミッドはいつ、なんのために造られたんだろうな?今回は歴史オタクのライターリリー・リリコと一緒に人類最古の文明の発祥地のひとつ「エジプト文明」についてわかりやすく解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

riri_ririco

ライター/リリー・リリコ

興味本意でとことん調べつくすおばちゃん。座右の銘は「何歳になっても知識欲は現役」。大学の卒業論文は義経をテーマに執筆。歴史のなかでも特に古代の国家や文明に大きな関心を持つ。この記事では前回から引き続き古代文明のひとつ「エジプト文明」をさらに詳しくまとめた。

1.エジプトはナイルのたまもの

image by PIXTA / 44441932

ナイル川が運ぶ恵み

古代ギリシャの歴史家ヘロドトスの『歴史』に「エジプトはナイルのたまもの」という言葉があります。これは、エジプトがナイル川の恵みによって育まれた、という意味です。そして、その通り、ナイル川がなくてはエジプト文明は成立しなかったでしょう。

ナイル川はヴィクトリア湖から地中海へ向けて流れる全長6690キロに及ぶ大河で、春になると川が増水して上流から栄養分を多く含んだ肥沃な土壌が運ばれてきます。このナイル川の恩恵を受けた土地はケメト(黒い大地)と呼ばれました。

砂漠の広がるエジプトでは、このナイルの氾濫原にのみ人が住むことができたのです。人々はナイル川を利用した灌漑農業を発展させ、メソポタミア文明と並ぶ人類最初期の農耕が行いました。また、ナイル川に舟を浮かべて素早く移動し、川に沿ってできた他地域と交流を盛んに行っています。

ナイル川が人々にもたらした知恵

けれど、いくらナイル川が良い土壌を運んでくれると言っても、そのためには川の氾濫はさけられません。川の近くの家や人が流され危険だってあります。そこで、エジプトの人々は川の氾濫を予測するために天文観測を行いました。そうして「太陽暦」が作られたのです。さらに、氾濫後に農地を配分するため測量術、幾何学、天文学が発達しました。

このようにしてエジプトは発展していき、ナイル川流域に「ノモス」という小国家が形成されていったのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

古代に発展した大きな文明はたいてい氾濫が起こる川のそばにある。エジプトはナイル川がそうだった。この雄大な川は砂漠に囲まれたエジプトを潤し、人々に農業をはじめ天文学や暦などの知恵や文化をもたらしたというわけだ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
riri_ririco