国語言葉の意味

「エナジー」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「エナジー」について解説する。

端的に言えばエナジーの意味は「気力」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

塾講師歴5年のれお先生を呼んだ。一緒に「エナジー」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/れお先生

教壇に立って、授業をすること5年。今も現役塾講師として、中学生・小学生を指導している。塾での経験を活かし、子供でも分かりやすい記事の作成を心がける。

「エナジー」の意味や使い方まとめ

image by iStockphoto

「エナジー」という言葉は近年よく耳にするようになりました。高校生や大学生は、定期テスト前にエナジードリンクを飲んだことがある人が多いのではないでしょうか。なじみの深い言葉になってきていますが、正しく意味を理解しましょう。それでは早速「エナジー」の意味や使い方を見ていきましょう。

「エナジー」の意味は?

「エナジー」には、次のような意味があります。

エナジー【energy】
「エネルギー」に同じ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「エナジー」

エネルギー【ドイツ Energie】
1 物事をなしとげる気力・活力。精力。「仕事で―を消耗する」「若い―」

2 物体が物理的な仕事をすることのできる能力。力学的エネルギー(運動エネルギーと位置エネルギー)のほか、光・電気・熱・化学・原子などの各エネルギーがある。さらに相対性理論によれば、質量そのものもエネルギーの一形態である。

3 「エネルギー資源」の略。

[補説]英語ではエナジー(energy)。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「エネルギー」

「エナジー」と「エネルギー」が同じだと知っていましたか?この2つの言葉は、英語ではエナジー、ドイツ語ではエネルギーといいます。この2つの言葉は、類義語ではなく全く同じ意味の言葉です。「エネルギー」の方が現状日本においてなじみの深い言葉ですが、これから逆転するかもしれません。

「エナジー」の使い方・例文

「エナジー」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: