国語言葉の意味

「オフレコ」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師がわかりやすく解説!

「オフレコ」の対義語は?

オフレコの対義語にはどのような言葉が考えられるのでしょうか。関連する言葉を確認しましょう。

「オンレコ」

「オフレコ」の対義語には「オンレコ」が考えられるでしょう。「オンレコ」とは「公に公表しても差し支えないこと」の意。「on the record」を略した言葉です。「オンレコ」と同様に記者会見や報道現場で用いられているカタカナ語。記者会見や取材の場で「オンレコ」と言われる時は「会見内容を記録しても問題はない」・「報道しても差し支えない」という意味になりますよ。「オフレコ」とセットで覚えておきたいですね。

「オフレコ」の英訳は?

image by iStockphoto

カタカナ語の「オフレコ」は英語でも「オフレコ」なのでしょうか。キーワードとなる英単語をチェックしましょう。

「off the record」

カタカナ語の「オフレコ」は英語で「off the record」です。「off the record」とは「記録にとどめないこと・非公式で・公表してはいけない」の意。使い方を例文で確認しましょう。例文1は「マスコミ業界でのオフレコ」です。「on an off-the-record basis」で「オフレコを条件に」という意味を表していますよ。「政治家が記録に残さないことを条件にインタビューに応じた場面」を示しています。

例文2は「ビジネスでのオフレコ」です。「上司が左遷されたという話をしているが、ここだけの話にしようとしている場面」を表現していますよ。内緒の話である状況が伺えますね。英語の「オフレコ」も正確に使いこなせるようになりたいですね。

1. The politician took a interview on an off-the-record basis.
(その政治家は記録に残さないという条件でインタビューを受けた。)

2. My boss has been relegated to a branch office. She told me this story off the record.
(上司が左遷された。彼女はこの話をオフレコで話した。)

\次のページで「「オフレコ」を使いこなそう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: