理科生物生物の分類・進化

「細胞群体」って何?簡単そうで奥が深い生物たち!現役講師が解説します

よぉ、桜木建二だ。この記事では「細胞群体」について勉強していこう。

細胞群体は高校の生物で紹介される用語だが、中学理科でも内容にふれる先生がいるかもしれない。この細胞群体というのは、簡単そうでなかなか深い生き物なんだ。

大学で生物学を学び、現在は講師としても活動しているオノヅカユウに解説してもらおう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yu_onozuka

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

細胞群体とは?

細胞群体(さいぼうぐんたい)とは、単細胞生物のような細胞が集まり、”群体”をつくっている状態の生物を指します。細胞群体になって生息している生物は限られているので、のちほど具体例をご紹介しましょう。

なお、細胞群体をつくる生物では、そのからだを構成する細胞の数がある程度決まっているものが多くあります。そのため、細胞群体は定数群体(ていすうぐんたい)という用語でよばれることもあるんです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

高校の教科書には昔から「細胞群体」という用語が掲載されているが、専門家の中ではあまり使われなくなってきているようだ。「定数群体」という名称の方が一般的だという。

今回はあくまで、伝統的に日本の高校生物で説明されているレベルの「細胞群体」について解説してもらうことにするぞ。

多細胞生物と細胞群体の違い

細胞群体は、単細胞生物のような細胞が緩やかにつながってできています。その様子はまるで一つの多細胞生物のようにも見えるのですが…多細胞生物と細胞群体には大きな違いがあるのです。

そもそも多細胞生物というのは、それぞれの機能に分化したたくさんの細胞が、協調しながら一つの個体をつくっている生物。この「分化した細胞」というのが重要なポイントになります。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

分化とは、「もともと同じだったものが、異なるものに分かれていくこと」を指す。細胞の分化というのは、本来1つの受精卵であった細胞が、発生の中でいろいろな形態・機能をもった細胞に変化していくことだな。

そうですね。我々人間も間違いなく多細胞生物です。細胞は、「表皮の細胞」「肝臓の細胞」「神経の細胞」などという風に分化しています。当然ですが、個々の細胞はばらばらにしてしまうと、基本的に生存することはできないですよね。

一方、多細胞生物とは違い、細胞群体では個々の細胞は基本的に分化していません。同じ機能・形態の細胞…それも、それぞれの細胞が単細胞生物のようにふるまうことができる細胞が、ゆるやかに”集まっているだけ”なのです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yu_onozuka