国語言葉の意味

「コンスタンス」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「コンスタンス」について解説する。

端的に言えばコンスタンツの意味は「一定の」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

塾講師歴5年のれお先生を呼んだ。一緒に「コンスタント」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/れお先生

教壇に立って、授業をすること5年。今も現役塾講師として、中学生・小学生を指導している。塾での経験を活かし、子供でも分かりやすい記事の作成を心がける。

「コンスタンス」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「コンスタンス」という言葉を日本ではよく使われているので、会話の中で耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。ただし、1文字違いに「コンスタント」という言葉もあり、同じようなニュアンスで使われていますが勿論違いもあるので、「コンスタント」を理解することで「コンスタンス」の理解も深まります

それでは早速「コンスタンス」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「コンスタンス」の意味は?

「コンスタンス」には、次のような意味があります。

コンスタンス

ローマ皇帝。在位,副帝333-337年,正帝337-350年。コンスタンティヌス1世の第4子。コンスタンティノポリスでギリシア,ラテンの教育をうけ,父帝死後兄弟と共に正帝としてイタリア,アフリカなどを統治。340年兄のコンスタンティヌス2世を殺し,西方唯一の皇帝となる。343年ブリタニアに渡ったが,これがローマ皇帝がこの地に足をふみ入れた最後となった。ガリアのマグネンティウスの反乱のために殺された。

出典:世界大百科事典(小学館)「コンスタンス」

カタカナ語として「コンスタンス」を調べた場合、引用のような人物の歴史しかありません。皆さんがイメージしている「持続する」のような意味が辞書に掲載されていない理由は2つあります。1つ目は、カタカナ語では「コンスタンス」ではなく「コンスタント」が通常使用されていることと、2つ目は、外国では女性の名前に「コンスタンス」が使われているからです。

「コンスタンス」の使い方・例文

「コンスタンス」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3
Share: