国語言葉の意味

間違って使ってない?「二つ返事」の意味や類義語・対義語を院卒日本語教師がわかりやすく解説

みんなは「はいはい」って返事をしたことがあるでしょう。いつ、どんな風に「はいはい」と言ったか覚えているか?この「はいはい」がもとになっている言葉が「二つ返事」です。

この「二つ返事」は簡潔に言えば「ためらうことなく、すぐに承諾」という意味です。ちょっと意外に思った人もいるんじゃないか。

今回はその「二つ返事」の意味や類義語・対義語などを大学院卒の日本語教師・むかいひろきに解説してもらうぞ。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学で2年間働き、日本で大学院修了の日本語教師。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

「二つ返事」の意味や使い方は?

image by iStockphoto

恐らく皆さんは「二つ返事」という言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。しかし、間違えた使い方をしていませんか?まずは、その「二つ返事」の意味や使い方を、辞書や例文を参考にしながら見ていきましょう。

「二つ返事」の意味は「ためらうことなく、すぐに承諾」

最初に、「二つ返事」が辞書でどのように掲載されているかを見ていきましょう。「二つ返事」は次のような意味が掲載されています。

ためらうことなく、すぐ承諾すること。「-で引き受ける」

出典:広辞苑 第七版(岩波書店)「ふたつ・へんじ【二つ返事】」

「二つ返事」は「ためらうことなく、すぐに承諾すること」という意味の言葉です。「はいはい」とすぐに返事をすることから誕生した言葉だとされています。

「はいはい」は、嫌なことを頼まれた時などに渋々物事を承諾する際にも用いる返事ですよね。ただ、「二つ返事」の「はいはい」と発音や表情が異なると言って良いでしょう。「二つ返事」の「はいはい」は明るくテキパキとした返事ですが、渋々承諾する際の「はいはい」はゆっくりで暗いものになることが多いです。(「はぁいはぁい」のようなイメージですね。)

「二つ返事」の使い方を例文とともに解説!

続いて、「二つ返事」の使い方を例文とともに確認していきましょう。さきほど「二つ返事」は「はいはい」とすぐに返事をすることから誕生した言葉だと解説しましたが、実際の使用場面では、「はいはい」という返事をしない場合でも使われていることが多いです。ためらうことなく、すぐに承諾した場合は、何と言って返事したかは関係ありません。

\次のページで「「二つ返事」の類義語は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: