国語言葉の意味

「恭しい」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。今回の記事では「恭しい」について解説する。

端的に言えば恭しいの意味は「礼儀正しい」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元高校国語科教員のminを呼んだ。一緒に「恭しい」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/min

高等学校の国語科教員として、授業や受験対策、小論文の講座を3年間経験。主に現代文を担当し、言葉に関する指導を幅広く経験してきた。現在はWebライターを目指して勉強中。

「恭しい」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 74455826

それでは早速「恭しい」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「恭しい」の意味は?

「恭しい」には、次のような意味があります。

[形][文]うやうや・し[シク]《「礼(うや)」を重ねて形容詞化した語》相手を敬って、礼儀正しく丁寧である。

[派生] うやうやしげ[形動]うやうやしさ[名]

出典:デジタル大辞泉(小学館)

うやうやしい」と読む言葉で、「礼儀正しく丁寧である」状態を指す言葉です。難読漢字として、入試で漢字の問題として出題されることも多くあります。また、ビジネスの場、厳格な場面などで目にしたことがある方もいるかもしれません。

読み方はもちろんのこと、これを機に言葉の意味までしっかり把握しておくようにしましょう。

「恭しい」の語源は?

先ほど引用した辞書のには「礼(うや)」がもととなって生まれた言葉であるとされていました。では、なぜ「恭」という漢字が使われているのでしょうか。それは「恭」の成り立ちを見ればわかります。

「恭」という漢字を「共」と「心」の上下に分解して考えてみましょう。「共」は「そなえる」という意味を持ち、神様に物を食べ物などをお供えする行為などを表しています。

そんな「共」と「心」を組み合わせた「恭」は「神様に物を供えるときのような気持ち」、つまり「相手を敬う」や「礼儀正しく丁寧」といった意味を持っているのです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: