国語言葉の意味

“もぬけ”って何?「もぬけの殻」の意味・語源や類義語を院卒日本語教師が解説

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「もぬけ」っていうのは「脱皮」や「抜け殻」って意味のある言葉なんだな。「藻脱(もぬけ)」と漢字で書く場合もあるから、てっきり改装に関連した言葉だと思っていたんだが、違うんだな。

ID: ↑パーツ内本文:88文字

「もぬけの殻」と類義語を比較!違いは?

次に、「もぬけの殻」の意味を類義語と比較しながら見ていきましょう。例文と一緒に考えていきます。「もぬけの殻」の類義語は、「無人」「猫の子一匹いない」「人っ子一人いない」です。

ID: ↑パーツ内本文:87文字

「無人」人がいない

1つ目の類義語は「無人」です。字を見て分かる通り「人がいないこと」という意味の単語ですね。「もぬけの殻」も”人がいない状態”を示す語であるので、類義語と言えるでしょう。例文を利用して違いを見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:115文字

1.ようやく詐欺グループのアジトを突き止め現場に急行したが、我々が着いた時にはもぬけの殻で、大量の電話が残されていただけだった。
2.隣の家は、5年前におじいさんが死んで以来、誰も住んでおらずもぬけの殻だ。

3.A駅は開業以来ずっと無人駅だ。
4.隣の家は、5年前におじいさんが死んで以来、誰も住んでおらず無人だ。

ID: ↑パーツ内本文:156文字

「もぬけの殻」と「無人」の違いは、「もぬけの殻」には”以前まで人がいた”というニュアンスがあることです。例えば例文1番では、現場は詐欺グループのアジトであったため、以前は詐欺グループが滞在し、使用していたことが窺えます。例文2、4も、5年前まではおじいさんがいたことが分から読み取れますね。このような場合に「もぬけの殻」を使用します。(もちろん、「無人」も使用可能ですよ。)

一方、「もぬけの殻」が使用できないのは例文3のような場合です。例文3では、A駅が開業以来ずっと無人で管理されている駅、つまり無人駅だということを述べています。この場合、”以前まで人がいた”のではなく、”最初から人がいなかった”というニュアンスになるので、「もぬけの殻」は使用できません

ID: ↑パーツ内本文:368文字

「猫の子一匹いない」人が全くいない

image by iStockphoto

猫の子一匹いない」は「人が全くいない」という意味の慣用句です。”人間はおろか、猫の子までも一匹もいない”というニュアンスで、”誰もいない”(無人である)ことを強調しています。”人がいない状態”を示す語である「もぬけの殻」は、類義語と言えるでしょう。

ID: ↑パーツ内本文:161文字
次のページを読む
1 2 3
Share: