国語言葉の意味

「絶望」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「絶望」について解説する。

端的に言えば絶望の意味は「望みがないこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

小説好きで言葉の意味を調べるのが趣味な山田を呼んだ。学生時代は塾講師もしていたぞ。一緒に「絶望」の意味や例文、類語などを見ていこう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ぜーた

小説が好きで、日々日本語について調べたりしています。学生時代には塾講師の経験もありWEBエンジニアとして勤務中。冬はコタツ、夏はクーラーの効いた部屋が大好きなインドア派。

この記事が学びになるように精一杯解説する。

「絶望」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「絶望」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「絶望」の意味は?

「絶望」には、次のような意味があります。

1.[名](スル)希望を失うこと。
2.全く期待できなくなること。「深い絶望におそわれる」「将来に絶望する」

出典:goo辞書「絶望」

「絶望」は「ぜつぼう」と読み、「希望を失うこと」「可能性を失うこと」という意味を持ちます。難しい漢字なので、間違えずに読めるようにしましょう。「絶望」は「希望を失うこと」という意味で「人生・将来に期待を持つことができないネガティブな心理状態」というニュアンスがあります。つまり、ただ「悲しい」などの軽いネガティブな表現で使うと間違いになってしまうので、気をつけましょう。

「絶望」の語源は?

次に「絶望」の語源を確認しておきましょう。「絶望」は「絶」と「望」の2つの漢字から成り立っています。それぞれの漢字の意味を見ていきましょう。「絶」には「たえる」「なくなる」というネガティブな意味があり、「望」には「願う」「あらまほしく思う」というポジティブな意味があります。


その2つの漢字を合わせて「願いなどがなくなる」や「望みがなくなる」となり「将来への可能性を失う」などと転じました。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: