国語言葉の意味

比喩の文法は3種類!「比喩」の意味や使い方・例文も言葉大好きライターがわかりやすく解説!

この記事では「比喩」について解説する。「比喩」はどちらかというと学生の方が馴染みのある言葉です。社会に出ると業界によっては全く縁のない言葉にもなるが、学生は学校で習うから聞いたことがあるはずです。ただ、意味を掴むのはやや難しいから、この記事を読んで自分の物にしてくれ。元建築系企業社員、現言葉大好きライターのsasaiを呼んです。一緒に「比喩」の意味や種類、使い方などを見ていきます。

ライター/sasai

元会社員の現役フリーライター。言葉が好きで文章が好き。読むのも書くのも大好きで、海外小説からビジネス書まで何でも読む本の虫。こだわりをもって言葉の解説をしていく。

「比喩」の意味とは?

image by iStockphoto

「比喩」の意味は以下の通りです。

ある物事を、類似または関係する他の物事を借りて表現すること。たとえ。

出典:goo辞書「比喩 意味」

「比喩」は「ひゆ」と読みます。「比喩」と言われると「それは何?」と思う人も少なくないでしょう。しかし、「もののたとえ」と言うと掴みやすくなります。人間は日常的にもののたとえに触れて生活しているため、「比喩」は実はとても日常的な言葉なのです。

「譬喩」という漢字で表記されることもあります。漢字が難しくなるため難読度がやや上がりますが、読み方は「ひゆ」のままです。

「比喩」は国語で習うこと

「比喩」という言葉は、中学国語で学習する範囲のことです。進路に関わらず、多くの学生は一度は習うことになるでしょう。ただし、あくまで文法の一種として習うため、大人になると触れる機会は減ってしまいます。正確に言うと、「比喩」という現象には日夜触れていても、「比喩」という名前がついているということは忘れてしまうのです。

\次のページで「「比喩」の中には3種類の文法がある!」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: