国語言葉の意味

「驟雨」の意味や使い方は?例文や類語を字幕制作者がわかりやすく解説!

この記事では「驟雨」について解説する。

端的に言えば驟雨の意味は「急に降りだす雨」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

ドラマやアニメなど、数多くの映像字幕を作成した経験があるNagiを呼んです。一緒に「驟雨」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/Nagi

映像翻訳スクール出身。翻訳、チェッカー以外にも、CC字幕(クローズドキャプション)の制作多数。言葉を文字で表現する「字幕」の世界に数多く触れてきた経験を活かして、分かりやすく解説する。

「驟雨」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

驟雨」の読み方は「しゅうう」です。「」という字が難しいですね。正しく読めなかった人は、この読み方をしっかりと覚えてしまってください。「」に関連する言葉だということは分かりますが、一体どのような雨なのでしょう

それでは早速「驟雨」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「驟雨」の意味は?

「驟雨」には、次のような意味があります。

急にどっと降りだして、しばらくするとやんでしまう雨。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「驟雨」

国語辞典によれば「驟雨」は急に降り始めて、短時間でやむ雨のこと。積乱雲など対流性の雲の発生によって降る雨、つまり寒冷前線が通過する時の雨です。誰しも一度は、この雨によってずぶ濡れになった経験があるのではないでしょうか?

四季がある日本には「梅雨」のように、雨にまつわる用語が多種多様にあります。俳句の季語が多く存在していることからも分かるでしょう。日本語というのは、私たち日本人が持つ繊細な感情や季節感が込められている言葉であるということを、まず理解してください。

「驟雨」の語源は?

次に「驟雨」の語源を確認しておきましょう。

語源辞書によると「驟」は、馬が速く走る様子を表している形声文字で「はやい」のほか「にわか」という意味があります。形声文字というのは音の部分意味の部分が合わさってできた文字のこと。漢字の80パーセント以上が、この形声文字だと言われています。

\次のページで「「驟雨」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: