国語言葉の意味

「抵触」の意味や使い方は?例文や類語を元国語科教員が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「抵触」について解説する。

端的に言えば抵触の意味は「規則に触れる」ことだが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元高校国語科教員のminを呼んだ。一緒に「抵触」の意味や例文、使い方などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
min0214

ライター/min

高等学校の国語科教員として、授業や受験対策、小論文の講座を3年間経験。主に現代文を担当し、言葉に関する指導を幅広く経験してきた。現在はWebライターを目指して勉強中。

ID: ↑パーツ内本文:83文字

「抵触」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 66555674

それでは早速「抵触」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:30文字

「抵触」の意味は?

「抵触」には、次のような意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:20文字

てい‐しょく【抵触/×牴触/×觝触】[名](スル)

1 触れること。衝突すること。転じて、物事が相互に矛盾すること。

2 ある行為が法律や規則に反すること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

ID: ↑パーツ内本文:109文字

抵触」はこのように、二つの意味を持っていますが、広く捉えると「ふれる」と解釈することができます。辞書の言葉と照らし合わせてみると「衝突する=物に触れる」「規則に反する=法に触れる」という形で言い換えられますね。

ID: ↑パーツ内本文:106文字

「抵触」の語源は?

より深く理解するために「抵触」の熟語の構造を確認しておきましょう。

まず「」という漢字から説明します。この漢字の部首を除いた部分は、「刃物を砥石に充てる様子」がもとになった象形文字だと言われ、そこから「手にあてる」という意味で使われるようになったのです。そのため、この「」は「ふれる、さわる」を意味する漢字として解釈されます。

次に「」です。こちらは「触(ふ)れる」という漢字そのものですが、理解を深めるために、この漢字の由来を見てみましょう。「触」という漢字は「角」と「虫」で構成されており、「虫」という字はもともと「蜀」という字を由来としています。

この「蜀」は桑の木に群がる虫をかたどった象形文字です。その様子から、「つづく、連なる」といった意味で用いられていました。そのため、「触」は「角につづいて連なっている」→「角に触れている」という状態が語源となり、後に「ふれる・さわる」という意味を持つようになったそうです。

つまり、「抵触」という漢字は、「触れる」という同義の漢字が並んで構成されている熟語であることがわかります。

ID: ↑パーツ内本文:478文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
min0214