国語言葉の意味

「念書」の意味や使い方は?例文や類語を読書好きライターがわかりやすく解説!

この記事では「念書」について解説する。

端的に言えば念書の意味は「証拠」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

情報誌系のライターを7年経験したgotanを呼んです。一緒に「念書」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/gotan

ライター歴7年のgotanが、ささいな言葉の意味について悩んだ経験から言葉にこだわるようになった。普段は合気道やヨガで心身と対話し、ライティングでは言葉と対話している。そんなgotanが「ろくでなし」について解説する。

「念書」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 41847471

それでは早速「念書」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「念書」の意味は?

「念書」には、次のような意味があります。

後日の証拠として、念の為に作成して相手の渡しておく文書。

出典:Goo辞書

「念書」とは一般的に口頭での約束では、相手に「知らない」とか「聞いていない」などと言われることでトラブルになることを避けるために、証拠になるものを残すことをいいます。文書を残しておくことによって、念書を書いた相手に約束を守らなければならない義務が生じるものです。

また、「念書」というのは、念書を書くものだけが約束を守らなければならず、双方に対しての約束事ではありませんから、その点を理解しておくべきでしょう。

「念書」の語源は?

次に「念書」の語源を確認しておきましょう。

「念書」は後日の証拠として、「念のために」作成して相手に渡しておく文書です。ですから、念のためという意味での文書であり、「念書を取り交わす」といった使い方をします。念書と同じようなものに「覚書」「契約書」「誓約書」といったものがありますが、それぞれに違いがあるようです。

\次のページで「「念書」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: