国語言葉の意味

「六道輪廻」の意味や使い方は?例文や類語を現役文学部生が解説!

「六道輪廻」の対義語は?

「六道輪廻」の類義語について見ていきましょう。厳密な対義語とは言い難い面もありますが、対となる思想をいくつか挙げました。

ID: ↑パーツ内本文:60文字

その1「涅槃/解脱」

これらの語は仏教における究極の目標です。全ての煩悩を滅し、(六道)輪廻の輪から解放された状態のことを指します。カタカナ語の「ニルヴァーナ(निर्वाण:nirvāṇa)」を耳にしたことがある人もいるかもしれません。細かな定義は宗派によって異なりますが、上に述べた意味は共通しています。なお、釈迦の死(入滅)を指して(大般)涅槃の語が使われることもあるようです。

ID: ↑パーツ内本文:181文字

その2「四聖/悟界」

十界の内、迷いの世界である六道に対して、覚りの世界である声聞界・縁覚界・菩薩界・仏界をまとめて「四聖」または「悟界」と呼びます。ただし、この四つは覚りまでの道筋という側面が強いです。声聞界は仏教を学ぶ状態
、縁覚界が内面が意識的に悟りになった状態、菩薩界は仏の使いとなった状態、仏界は悟りをそれぞれ表します。仏界以外はまだ迷いとしての要素があるため、正しく対義語なのは仏界のみともいえるでしょう。

ID: ↑パーツ内本文:197文字

「六道輪廻」の英訳は?

image by iStockphoto

最後に、「六道輪廻」の英訳について見ていきます。

ID: ↑パーツ内本文:24文字

「Reincarnation of the Six Realms」

「六道輪廻」に直接対応する定訳というものは存在しません。その上で「六道」「輪廻」に分けて考えると、まず「六道」は主に「Six Realms」と訳されます。「realm」は領域や範囲・部門などを意味する語です。また、「輪廻」には「reincarnation」「rebirth」「transmigration」「Samsara」などが対応します。これらを比較的自由に組み合わせることで、英訳が可能です。より単純に、「the six transmigration」などの形で表す場合もあります。

ID: ↑パーツ内本文:244文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「reincarnation」「rebirth」的な転生と輪廻転生を分ける向きもあるが、一般的には区別されないことが多い。興味のある人は「再生型」「輪廻型」「リーインカーネーション型」などで調べてみてほしい。また、六道輪廻思想自体は今なお盛んに研究が行われており、異説も多い分野だ。この記事で紹介されている語の定義や表記についても一つの明確な正解というわけではないので注意しよう。

ID: ↑パーツ内本文:190文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
bungaku_girl