国語言葉の意味

「コンピレーション」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「コンピレーション」について解説する。

端的に言えばコンピレーションの意味は「編集したもの」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

さまざまな分野の本に触れ、知識を培ってきた「つゆと」を呼んです。一緒に「コンピレーション」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/つゆと

子供の頃からの筋金入り読書好きライター。むずかしい言葉や複雑な描写に出会っても、ねばり強く読みこんで理解することをポリシーとする。言葉の意味も、妥協なくていねいに解説していく。

「コンピレーション」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「コンピレーション」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「コンピレーション」の意味は?

「コンピレーション」には、次のような意味があります。

1.編集。編集したもの。
2.「コンピレーションアルバム」の略。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「コンピレーション」

私たちが日常で「コンピレーション」という言葉を聞くのは、CDやデジタル音源の「コンピレーションアルバム」にまつわる場合が多いのではないでしょうか。その証拠とでもいいますか、上の辞書の2の意味にあるとおり「コンピレーション」だけで「コンピレーションアルバム」をさします。

「コンピレーション」のもともとの意味は「編集」です。コンピレーションアルバムとは、ある意図をもって編集した音楽CDやデジタル音源のこと。聞くだけで元気が出るような曲、ジャズの名曲、今年のヒット曲など、それぞれのテーマで集めてアルバムにまとめたものを「コンピレーションアルバム」といいます。

あるアーティストのそれまでのヒット曲を集めた「ベストアルバム」も、コンピレーションアルバムの仲間ですよ。「ヒットした有名曲」のみを収録するというコンセプトのもと、作られたアルバムということですね。

「コンピレーション」の語源は?

次に「コンピレーション」の語源を確認しておきましょう。「コンピレーション」の語源は英語の「compilation」。意味は「編集」「編集物」です。日本語の意味と同じですね。

「compilation」の動詞形は「compile」で、「集める」「編集する」という意味があります。「compile」は、ラテン語の「com-(一緒に)」と「pilo(毛を抜く)」に由来するそう。「毛を抜いて一緒にする」という意味から「集める」へつながったと考えられています。

\次のページで「「コンピレーション」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: