国語言葉の意味

「ダークサイド」の意味や使い方は?例文や類語を現役文学部生が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「ダークサイド」について解説する。

端的に言えばダークサイドの意味はそのまま日本語の「暗黒面」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

日本語検定一級を持ち、文学部に所属する現役大学生ライターである文学少女を呼んだ。一緒に「ダークサイド」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

bungaku_girl

ライター/文学少女

文学部で学んでいる読書好きの現役大学生。大学のみならず、日々の読書や日本語検定・漢字検定などで学んだ知識を活かして、種々の言葉を丁寧に解説する。

「ダークサイド」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

スターウォーズファンならば常識ともいえるこの語。それ以外でも漫画やアニメ・ネットスラングで聞き馴染みのある方も少なくないのではと思います。それでは早速「ダークサイド」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「ダークサイド」の意味は?

皆さん御存知の通り、この語は数多くの固有名詞(キャラクター名、バンド名、企画名など)に使われています。ここではページの都合上それらすべてを紹介することは難しいため、ごく一般的なものについてのみ見ていくつもりです。「ダークサイド」には、次のような意味があります。

社会や人生の暗黒面。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「ダークサイド」

人間や人間社会における醜悪な面を意味する語です。これは、はじめに語を見た時に掴んだイメージとかなり近いのではないかと思います。

また、映画「スター・ウォーズ」シリーズ用語としての意味も有名でしょう。これは、「フォース」というある種の力の内、憎しみや恐怖などの負の感情を基にして生み出されるものを指します。これは正義の騎士が自分自身の弱さに負けたが故の結果です。

現在ではこの語は様々な場に普及していますが、ほとんどはスター・ウォーズの方が元ネタとなっています。ただし、そちらについても俗語として意味が一般化していくにつれ、最初の辞書的な意味との区別が曖昧になってきているのが現状です。その意味では、広く負の面を表す語といってよいかもしれません。近年の作品ではこうした流れを踏まえ、多くのヴィラン(悪党)役にこの語が使われるようになっています。

「ダークサイド」の語源は?

次に「ダークサイド」の語源を確認しておきましょう。英語の「dark side」をそのままカタカナ語にした単語です。darkは「暗い」、sideは「側面」をそれぞれ意味します。

この語を使った有名な成句として「dark side of the moon」というものを知っておきましょう。これは「月の裏側」を意味する語です。もしかしたら映画「トランスフォーマー」のタイトルで耳にしたことがあるかもしれません。しかし、実際には月の裏側がずっと暗いわけではないということに注意が必要です。地球から見えないことが生まれる謎めいた感じが「dark」の語感に繋がったのかもしれませんね。なお、より正確に月の裏側を指す成句は「Far side of the Moon」です。

次のページを読む
1 2 3
Share:
bungaku_girl