国語言葉の意味

「睥睨」の眼差しとはどんな視線?読み方・意味・例文・類語・英語訳をwebライターがわかりやすく解説!

この記事では、「睥睨」について解説する。
「睥睨」…これはいったいなんて読むんだ?『睨む』って字が入っているから、あまりポジティブな意味の言葉ではなさそうです。それだけに読み方もわからない状態で『いまあそこの人に「睥睨」されてたよ』なんて言われたら、たまったもんじゃないぜ。どう対応すればいいかも判断できないからな。
今回は目つきの悪さが誤解を招くことの多いライターである、ぷーやんを呼んです。「睥睨」の意味と使い方について、そのするどい眼差しで得た知見を説明してもらおう。

ライター/ぷーやん

webライター歴6年。鍛えられた語彙と文章力は本業でも発揮され、社内ルールの書き換え担当に。細目で視力が悪いため目つきが悪いようで、普通にしていても『機嫌が悪そう』と周囲の人に避けられがち。

「睥睨」の意味とは?

image by iStockphoto

さっそく「睥睨」の意味をみていきたいところですが、読み方がわからなければ辞書引きもできませんよね。「睥睨」は「へいげい」と読みます。いったいどんな意味の言葉なのでしょうか?

「睥睨」を辞書でみてみよう!

「睥睨」を辞書で調べると、以下のように書かれています。

[名](スル)
1 にらみつけて勢いを示すこと。「天下を―する」
2 横目でじろりとにらみつけること。
「眼は限られたる暗き壁を―し」〈透谷・楚囚之詩〉
出典:デジタル大辞泉(小学館) 「睥睨」

「睥睨」の『睥』の字には、「にらむ・流し目でみる」という意味があります。『睨』の字も、桜木先生の言う通り「にらむ」という意味ですね。したがって「睥睨」は同じ意味の漢字が重ねられて、意味合いが強調された言葉と言えそうです。一つのポイントは、上記辞書引き結果の意味1にある通り、『勢いを示す』というところ。ここから『相手を威圧する』というニュアンスも含みます。

例文で「睥睨」の使い方を確認!

辞書で意味を調べたあとは、例文で「睥睨」の使い方を確認してみましょう。

1.彼は学歴の高さを鼻にかけてほかの人を睥睨の眼差しでみることが多いが、実際は頭でっかちでセンスが悪いので碌に仕事ができない。
2.かくも立派な城郭に住んでいた殿様は、日々天下を睥睨して過ごしたのだろう。
3.理不尽に虐げられて育った人は、とかく周囲を睥睨し、センシティブな攻撃性を持っていることが多い。

「睥睨」は先述の通り、「にらむ」という意味の漢字を重ねてできている言葉ですが、ニュアンスとしてはただ単ににらみつけるだけにとどまりません。相手を格下にみたり自分を大きく見せようとしたりする、という姿勢を暗に含意します。

「睥睨」の類義語にはなにがある?

image by iStockphoto

ここでは「睥睨」の類義語を3つご紹介します。

幅を利かせる:権力などを振るうさま

いばりちらしてふんぞり返っているような人を指して、『幅を利かせている人』などと言いますね。ちなみに『幅を効かせる』は誤字ですので、ご注意を。

肩で風を切る:肩を高く上げて威張って歩く

「肩で風を切る」と聞くと、胸を張って肩幅を広げて上げ、ゆったりと闊歩している姿を思い浮かべます。肩幅を広げている様子は、先に類義語として挙げた「幅を利かせる」と、物理的に通ずる姿を想像するのは筆者だけではないでしょう。余計なスペースを取っていそうで、すこし邪魔ですね。

尊大に構える:いかにも偉そうに振る舞う

「尊大」は、人を見下して偉そうにしている様子を表した言葉です。

「睥睨」に対義語はある?

「睥睨」と正確に対義的な言葉はありません。この記事では「睥睨」の持つ『にらむ』と『威張る』という意味の、それぞれに対義する言葉を組み合わせて、「睥睨」の対義表現をご提案します。

\次のページで「微笑んで遜(へりくだ)る」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: