国語言葉の意味

「正念場」の意味や使い方は?例文や類語を法学部卒Webライターがわかりやすく解説!

「正念場」の使い方・例文

「正念」という言葉が仏教から来ていると知って、驚いた方も多いのではないのでしょうか?私たちが何気なく使っている言葉には、面白い由来を持っていることもあります。普段から言葉の意味を調べるときに、語源も一緒に見ておくと、意味を忘れづらくなるのでおすすめですよ。

それでは、実際に「正念場」を用いた例文を見ながら、使い方を確認しましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.「半年かけて準備した大きなプロジェクトが、ついに正念場を迎える」

2.「明日から共通テストが始まる。まさに人生の正念場だ」

それぞれの例文をチェックしましょう。

【1.「半年かけて準備した大きなプロジェクトが、ついに正念場を迎える」】
この例文のように「正念場」は「正念場を迎える」という表現でよく使われます。「失敗できない、大事な局面である」という意味です。また良い方向に転ぶか、悪い方向に転ぶか、今後の結果に繋がる局面を表します。そのため「正念場を迎える」は、ポジティブ・ネガティブのどちらのニュアンスも表すことが可能です。

【2.「明日から共通テストが始まる。まさに人生の正念場だ」】
人生の正念場」もよく使われる表現です。自分の人生を左右する場面を表すときに使われます。何かを決心したり、覚悟を表現する場面でも用いるフレーズです。

「正念場」の類義語は?

image by PIXTA / 28638182

それでは次に「正念場」の類義語を見ていきましょう。「正念場」の類義語には「山場」「瀬戸際」「大一番」などがあります。それぞれの意味を見ていきましょう。

類義語その1「山場」

「山場(やまば)」とはものごとの絶頂。クライマックス。また最も重要な場面という意味です。

切迫した苦しい状況だけでなく、盛り上がった場面を表すときにも使えます。「山場に差し掛かる」や「山場を乗り切る」という言い回しで使われることが多いです。

\次のページで「類義語その2「瀬戸際」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: