国語言葉の意味

「お門違い」の意味や使い方は?例文や類語を国文学部卒Webライターが解説!

その2「場違い(ばちがい)」

「場違い」とは「その場にふさわしくないこと」を意味する言葉です。例えば「当時の思い出を語っただけのつもりが、場違いな言葉だったようでその場が凍り付いた」「結婚式に普段着で参加するのは場違いだと思う」というように使用できます。

ID: ↑パーツ内本文:112文字

「お門違い」の対義語は?

最後に「お門違い」の対義語について紹介しますと言いたいところですが「お門違い」に明確な対義語はありません

しかし「お門違い」は「見当違い」という意味を持つ言葉なので、その言葉の意味から連想すると以下の言葉が「お門違い」の対義語として考えられるのではないでしょうか。

ID: ↑パーツ内本文:132文字

「的確(てきかく)」

「的確」とは「的(まと)をはずれず確かなこと」を意味する言葉です。例えば「ゲームの達人から的確なアドバイスを受けて全てクリアできた」「美術の時間に作った絵本がコンクールで入賞した。美術の先生の的確な指示のおかげだ」というように使用できます。

ID: ↑パーツ内本文:120文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

上記の「的確」は確かに「お門違い」と反対の意味を持つ言葉に受け取れるな。しかし「お門違い」の持つ「見当違い」という意味から連想した対義語ということを忘れないようにしよう。ここでは「お門違い」に明確な対義語はないということを押さえるだけで良いぞ。

ID: ↑パーツ内本文:122文字

「お門違い」を使いこなそう

この記事では「お門違い」の意味・使い方・類語などを説明しました。おさらいすると「お門違い」には二つの意味がありましたね。一つは「訪問する家を間違えること」もう一つは「見当違い」という意味でした。また、語源は「訪問する家を間違えて他人の家の門に入ること」から派生し「見当違い」という意味が生まれたということでしたね。現代で「お門違い」とは「見当違い」という意味で主に使われる言葉です。ビジネスシーンや日常的にも使用できる言葉なので、しっかり意味を押さえましょう。この記事を通して皆さんに「お門違い」の意味が伝われば幸いに思います。

ID: ↑パーツ内本文:264文字
1 2 3
Share: