国語言葉の意味

「御利益」の意味や使い方は?例文や類語をプロダクション編集者が解説!

その1「grace」

「grace」は「恩寵、神の愛、美徳」という意味。「by the grace of …」で「…のご利益によって」、「We were saved by the grace of God」で「神の恵みによって我々は救われた」となります。その他にも「恩寵、神の愛」に関連したものに「benefit」「efficacy」「divine favour」「blessing」などが類語として挙げられますよ。

ID: ↑パーツ内本文:211文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「ご利益」は神仏を信ずることによって受ける恵を敬っていう尊敬語だということが分かったぞ。また美化語でもある。

現代では身内のことをよその人に向かって言う時には尊敬語を用いないよな。家庭内では「お父さん」「お父様」と言っても、外部の人に対しては「お父さんが言いました」や「お父様がおっしゃいました」とは言わず、「父が言いました」や「父が申しました」のように言うだろう。このように相手によって言い方を変える敬語の使い方を「相対敬語」と言うぞ。これに対して相手がどのような人であろうと、一定の言い方をする敬語の使い方を「絶対敬語」と言う。覚えておこう。

ID: ↑パーツ内本文:274文字

「ご利益」を使いこなそう

この記事では「ご利益」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「ご利益」は丁寧語のうちの美化語だと説明しました。日常的に使われる美化語には「ご飯」が挙げられます。「ご飯」は「めし」の美化語ですよ。炊いた米のことだけを特に指す場合と、広く食事のことを指す場合とがあります。女性は炊いた米のことを「めし」とはまず言いませんよね。男性でも「ご飯」という言葉を使う人がほとんどでしょう。

しかし、ライフスタイルは人それぞれなため一部の男性には「ご飯」は女性語的だという意識があり「めし」と言っている人も見受けられますね。なお「ご飯粒」も「めしつぶ」を美化していう美化語「ご飯時」も「めしどき」を美化していう美化語です。

ID: ↑パーツ内本文:309文字
1 2 3 4
Share:
Ozean