国語言葉の意味

「御利益」の意味や使い方は?例文や類語をプロダクション編集者が解説!

「ご利益」の使い方・例文

「ご利益」の使い方について例文を挙げて解説していきます。この言葉は、たとえば以下のように用いられますよ。

ID: ↑パーツ内本文:52文字

1.お稲荷様へお菓子をお供えして一心にその御利益を念じている子供の姿を見かけた。

2.奇跡が起こった。神様もしくは仏様のご利益があったのではないかと驚いている。

3.神社のお賽銭箱周辺のゴミ拾いをしても物質的には何のご利益もないのだが、気持ちが軽くなる。

ID: ↑パーツ内本文:129文字

「ご利益」は丁寧語のうちの美化語です。丁寧語というのは物の言い方を丁寧にしたもの。「よいお天気ですね」や「お茶が入りましたよ」の「です」「ます」の部分は、相手に直接敬意を表すのに用いられたものであり丁寧語を意味します。そして美化語というのは「天気」や「茶」を上品に美しく言うのに用いられた事物についての表現。覚えておきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:164文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

金銭や物質がもたらす幸運が「ご利益」だ。また、恩恵を受けたのに対して感謝の意を言葉や贈り物、金銭、行為などで表すことを「御礼」というぞ。「御礼」は自分から他人への感謝について使うことが多く、その場合しばしば先方への謙譲の趣を含むんだ。これが本来の用法なのだが、現代では他人から自分への感謝や他人から他人への感謝についても使うので、すでに美化語になっていると言えるぞ。

ちなみにのし紙や手紙など、書き言葉で二人称者に対して使う場合には漢字で「御礼」と書く習慣があり、「おんれい」と読むこともあるぞ。

ID: ↑パーツ内本文:249文字

「ご利益」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 72624600

「ご利益」と似たような意味をもつ言葉をご紹介します。さっそく見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:39文字

その1「お返し」

「お返し」は「おかえし」と読みます。人から恩恵をこうむったとき、それに対する返礼として恩恵を与えるという意味。特に物をもらった場合に返礼の贈り物をすることもありますよ。また、返礼する先を高めて返礼を行う者を相対的に低める謙譲表現としての用法が普通で「お返しする」の形でも用います。「ご利益」との違いは、「お返し」は恩恵ではなく被害を被って仕返しをする場合にも使われる言葉だという点です。

ID: ↑パーツ内本文:193文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
Ozean