国語言葉の意味

「お大事にしてください」の意味や使い方は?例文や類語をプロダクション編集者がわかりやすく解説!

この記事では「お大事にしてください」について解説する。
端的に言えば「お大事にしてください」の意味は「お大事に至らぬように願っていること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。
ライターのflickerを呼んです。一緒に「お大事にしてください」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/flicker

仕事柄、言葉からひらめきをもらうことがよくある。「なるほど。そういうことか!」と言葉への知識・関心がさらに一層広がるように、さらに編プロでの編集経験を活かし理解しやすい精確な解説を心掛ける。

「お大事にしてください」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 57932999

「お大事にしてください」の読み方は「おだいじにしてください」です。それでは早速「お大事にしてください」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「お大事にしてください」の意味は?

「お大事にしてください」には、次のような意味があります。

相手の体をいたわる心持ちを表すあいさつの言葉。

出典:コトバンク

「お大事にしてください」は尊敬語です。別れの時のあいさつ語として使われていますね。「お大事にしてください」は相手の健康を気遣って用いられる言葉ですが、同様に相手のことを気遣ってかける言葉に「お力落とし」があります。「お力落とし」も尊敬語。意味はがっかりして急に力を失うことです。亡くなった人の遺族に対するお悔やみの言葉として使われるのが普通ですね。

「お大事にしてください」の語源は?

次に「お大事にしてください」の語源を確認しておきましょう。

「お大事に」の「お」は接頭語です。続いて「大事」の漢字の成り立ちについて解説しましょう。「大」は人が両手と両足を広げて立っている形を描いた字です。そこから「大きい」意味をあらわすようになりました。また「事」は手と小さなはたをつけたぼうの形とを合わせた字です。人が商売の旗を持っている様子から「しごと」「ことがら」の意味に使われるようになりましたよ。

\次のページで「「お大事にしてください」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: