化学原子・元素理科

アクチノイドって何?ランタノイドとの違いは?元素の仲間たちを科学館職員がわかりやすく解説

今回学ぶのは「アクチノイド」です。

元素にはその特徴ごとにまとめたグループの呼び方がある。アルカリ金属、アルカリ土類金属、ハロゲン、希ガスなどのことです。アクチノイドも元素を仲間分けした時の呼び名の一種です。元素番号89番から103番の15元素がこのアクチノイドとなる。第3族に属し、ランタノイドは第6周期なのに対してアクチノイドは第7周期に属している。ランタノイドとアクチノイドは周期表の下にまとめられているちょっと変わった仲間たちです。

今回のテーマはアクチノイドです。そもそもアクチノイドとは何か、アクチノイドと呼ばれる元素はどんなものかについて学ぶ。解説は元素周期表が好きな科学館職員のたかはしふみかです。

ライター/たかはし ふみか

高校、大学で化学漬けの日々を送っていた化学系出身の周期表が好きな科学館職員。最近の趣味は科学工作と家庭でも安全に簡単にできる実験を探すこと。

そもそもアクチノイドとは?

image by PIXTA / 1830880

そもそもアクチノイドとはどんな元素の仲間でしょうか。高校化学でよく登場する元素といえば元素番号1から20の

H、He、Li、Be、B、C、N、O、F、Ne、Na、Mg、Al、Si、P、S、Cl、Ar、K、Ca

とCuやZnなどの一部の金属元素、そして17族のハロゲン、18族の希ガスくらいでしょう。

アクチノイドActinoid)とは原子番号89番のアクチニウムと、アクチニウムに特徴が似た元素のことを指します。第7周期の第3族に属し、元素番号89番から103番の間にある15個の元素がアクチノイドです。ちなみにランタノイドをコトバンクで調べると「原子番号89のアクチニウムから103のローレンシウムまでの15の元素の総称。いずれも放射性元素で、物理的、化学的に極めてよく似た性質をもつ。」と書かれています。

ランタノイドに関してはこちらの記事をどうぞ。

アクチノイドの特徴・電子配置

アクチノイドの特徴・電子配置

image by Study-Z編集部

周期表を見てみましょう。元素は18族まであります。通常、同じ周期には同じ族の元素はありません。しかし、その例外がランタノイドとアクチノイドです。第6周期3族のランタノイドと第7周期3族のアクチノイドは周期表の下にまとめられていて、ちょっと特別感があります。

アクチノイドは第6周期の希ガスであるRn(ラドン)の電子は位置をベースに、内側にある電子殻に電子が入っていくのです。ちょっと複雑な電子の配置についてはこちらの記事の「軌道」「電子が入るルール」を確認してくださいね。

アクチノイドの仲間たち

それではアクチノイドの仲間たちを確認していきましょう。

\次のページで「1.癌の治療に役立つ、アクチノイドAc」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: