国語言葉の意味

【慣用句】「手を抜く」の意味や使い方は?例文や類語を日本語教師の大学院生が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「手を抜く」について解説する。

端的に言えば手を抜くの意味は「いい加減に取り組む」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は、ロシアで2年間日本語教師として働いた大学院生ライターの「むかいひろき」を呼んだ。一緒に「手を抜く」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学で2年間日本語教師として働いた経験を持つ大学院生。その経験を武器に「言葉」について興味深く分かりやすく解説していく。

「手を抜く」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「手を抜く」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「手を抜く」の意味は?

辞典には「手を抜く」の意味は次のように紹介されています。

必要な手間を省く。仕事などをいいかげんにする。「―・いた工事」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「手(て)を抜(ぬ)・く」

手を抜く」は、「必要な手間を省略する」「仕事などをいい加減にする」という意味を持った慣用句です。「手を抜く」ことは一般的に良くないこととみなされるので、マイナスのニュアンスを持った言葉だといえますね。※一部例外あり

また、「手を抜くこと」は「手抜き」という名詞で表現可能です。

「手を抜く」の語源は?

次に「手を抜く」の語源を確認しておきましょう。

一説には、「手を抜く」は囲碁が由来となった言葉だと考えられています。対局中、今戦っている場所に石を打たずに、もっと効率の良い場所に石を打つことを「手を抜く」といったそうです。この場合、相手に惑わされず自分が有利な場所に石を置くことになります。よって、囲碁の中では悪い意味はなく、プラスのニュアンスの言葉だったようですね。※諸説あります。

現在と同様のマイナスのニュアンスでの使用が確認できるのは、江戸時代(1710年)『けいせい伝受紙子』の「いよいよさふ心のよはよはと成った所で、手をぬかずずいぶんせりかけてくどいてくれ」が初出です。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: