国語言葉の意味

「蔑む」の意味や使い方は?例文や類語を読書好きライターがわかりやすく解説!

この記事では「蔑む」について解説する。

端的に言えば蔑むの意味は「侮る」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

情報誌系のライターを7年経験したgotanを呼んです。一緒に「蔑む」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/gotan

ライター歴7年のgotanが、ささいな言葉の意味について悩んだ経験から言葉にこだわるようになった。そんなgotanが「蔑む」について解説する。

「蔑む」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 45634632

蔑むという言葉は、「さげすむ」と読みますが、「貶む」と書く場合もあります。自分より相手の方が劣っているとか価値が低いという意味があり、あまり良い言葉として使われていません。この記事では、「蔑む」の意味や使い方、類義語や対義語などを紹介します。

それでは早速「蔑む」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「蔑む」の意味は?

「蔑む」には、次のような意味があります。

蔑むとは、相手を低く見て馬鹿にすることをいいます。
出典:Goo辞書

そもそも「蔑む」とは他人の誰かを軽蔑することをいいます。特に「蔑」という漢字を使った「蔑視」や「侮蔑」といった言葉は多くありますが、全て相手をバカにしたような見下げた意味合いで使う言葉です。ですから、こうした相手をないがしろにするような表現をされた場合、言われた方はすごく嫌な思いをするでしょう。

「蔑む」と同じ漢字を使った単語には「蔑ろ」という言葉がありますが、「蔑ろ」という字は「ないがしろ」と読みます。「ないがしろにする」という意味は、「あってもないもののように軽く見る」という、そもそも価値がないもといった意味があり、他には「きちんと整っていない」という意味です。

同じ「蔑」という字が使われていますが、「蔑ろにする」という言葉は「蔑む」よりもさらに相手を突き放して見下した言葉だといえます。

「蔑む」の語源は?

次に「蔑む」の語源を確認しておきましょう。
蔑むの語源は、大工が墨縄に重りを付けて垂らして柱などに印をつけて垂直を測定する、下墨(さげすみ)という技術から来ているという説があります。この説だと、「人を下げ済む」は相手を見るとか、相手を推し量るという意味になり、それは相手の悪意や下心を見透かす意味になりますから、そこから相手を軽蔑する意味へと結びついたようです。また、別の意味では、「下げ卑しめ」という言葉が変化して「蔑む」になったともいわれています。

\次のページで「「蔑む」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: