国語言葉の意味

「祝言」の意味や使い方は?例文や類語を読書好きWebライターが解説!

1.祝言を挙げるには予算・人数・場所と決めることが多くある。

2.晩婚化が進む現代では祝言を挙げるカップルも少なくなってきた。

3.兄の結婚式で叔父が祝言を述べる事になった。

ID: ↑パーツ内本文:89文字

3つの例文を挙げてみました。最近ではほとんど使う事がなくなった言葉でもあり、時代の流れで変化していってるので二つの意味で解説していきますね。

例文の一つ目と二つ目は、「祝言を挙げる」という表現になっていますね。今で言う「婚礼の儀」に当たるのがこの例です。端的に言うと「結婚式」と考えていいでしょう。例文の三つ目は「祝言」本来の意味の「お祝いの言葉を述べる」の意。「祝辞」の意味になりますよ。

明治の中頃には日本でも神前式が広まってきたので、「祝言」という言葉は奈良時代から明治初頭まで使われていた言葉になりますよ。

ID: ↑パーツ内本文:259文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

元々日本には「結婚式」という概念はなかったんだ。だから結婚式の歴史は意外にも浅く、当初は男性が女性の家に通い、家族として認められる「婿取り」が主流だったんだ。女性が入る「嫁取り」は鎌倉時代あたりからで、男性が強い権力を持つようになったのがきっかけとされているぞ。室町時代には家と家を結びつける「政略結婚」が増えて「婚礼の儀」という儀式化していったんだ。明治時代に皇族の方が初めて「神前式」と執り行ったことで「挙式」が普及し、戦後の「華美にしてはならない」という抑圧を経て、日本が豊かになるにつれて結婚式も華やかになっていったそうだ。そして結婚の誓いを神仏に立てる代わりに、参加しているゲストに証人になってもらう「人前式」が誕生したというわけだ。ちなみに業界では、「人前式」を「ひとまえしき」と呼ぶところもあるぞ。これは「神前式(しんぜんしき)」と聞き間違えないように、の意味もあるが「皆様に証人になっていただく」という意味も含まれているぞ。

短い歴史の中で刻々と変わっていった「祝言」について、もっと詳しく見ていこう。

ID: ↑パーツ内本文:460文字

「祝言」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 62786198

「祝言」と同じ意味の言葉を考えてみましょう。

ID: ↑パーツ内本文:22文字

その1「婚礼」

「祝言」の現在の形になっている言葉として「婚礼」がふさわしいでしょう。「祝言」の「結婚という社会的行事」という定義で見た時の類義語になりますよ。他にも「婚儀」「嫁入り」なども同義語になりますね。

ID: ↑パーツ内本文:97文字

その2「祝賀」

次は「祝言」の「特別な記念のお祝い」という定義で見た時は、「祝賀」になりますよ。結婚式関係での意味合いが大きい言葉ですが、「御祭・慶典・祝宴」でも「祝言」という言い方をします。

ID: ↑パーツ内本文:88文字
次のページを読む
1 2 3
Share: