国語言葉の意味

「よろしく」の意味や使い方は?例文や類語をたくさんの文章に携わってきたライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「よろしく」について解説する。

端的に言えばよろしくの意味は「程よく」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

大手企業に35年以上勤務し、たくさんの文章を扱ってきた経験をもつベテランのKAIKAIを呼んだ。一緒に「よろしく」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/KAIKAI

東京の大手企業に35年滋養勤務し、仕事でたくさんの文章を扱ってきた経験を持つ。学生時代から国語が得意で言葉の意味には自信あり。

「よろしく」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「よろしく」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「よろしく」の意味は?

「よろしく」には、次のような意味があります。

1.ちょうどよいぐあいに。程よく。適当に。
2.人に好意を示したり、何かを頼んだりするときに添える語。
3.「よろしくお伝えください」の意で、別の人への好意を伝えてもらうときに用いる語。
4.《「宜」の漢文訓読後から》(「よろしく…べし」の形で)当然。ぜひとも。
5.上の内容を受けて、いかにもそれらしく、の意を表す。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「よろしく」

「よろしく」は副詞で、形容詞「よろしい」の連用形です。「ちょうどよい感じに」ということを示す場合や、人に何かを頼んだり、好意を示す場合に会話に添えることがあります。さらにまた、「いかにも~のように」という意味でも使われることがあるのです。

「よろしく」は漢字を使って「宜しく」と書く人もいます。また、「宜敷」と当て字を使って書く人もいますね。「宜しく」という漢字は常用漢字には含まれていません。従って文章にする場合は、「よろしく」とひらがなで書くのが正しい使いかたです。さらに「宜しくお願い致します」という場合の「致します」も「いたします」とひらがなで書くのが正しい使い方になります。

「宜」を使った熟語として、「適宜」や「便宜」がありますが、これかの言葉はもともと「程よく」「適当に」という意味があり、そこから当て字として「宜しく」と書くようになったのです。

よろしく」の語源は?

次に「よろしく」の語源を確認しておきましょう。

「よろしく」は形容詞の「よろし」の連用形で、「よろし」は「よい」よりはややその度合いが低いことから、「まあよい」「悪くはない」という意味になります。「おおむねよい」というイメージがあることから、現代では一般的に「適当に」や「程よく」というあいまいな感じの意味合いで使われるようになったのです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: