国語言葉の意味

「労い」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「労い」について解説する。

端的に言えば労いの意味は「相手の労苦をいたわること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

幼少期から様々な分野の本を読み、知識を深めてきた川瀬を呼んだ。一緒に「労い」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/川瀬

幼少期から多種多様な本を与えられて育ち、分からない言葉があれば辞書で引く癖がついていた。本を読む度に、細やかで表現力豊かな美しい日本語に魅了される。これまでの読書量を活かし、丁寧に言葉の意味を解説していく。

「労い」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「労いの言葉をかける」「労をねぎらう」など、「労い」という言葉は社会人生活を送るうえで、よく耳にする言葉です。ビジネスシーンでもよく見聞きする言葉ではありますが、正しい意味を説明できる人は少ないのではないでしょうか。使い方を誤ってしまうと、思わぬ誤解を与えたり、失礼な意味になったりすることもあるのです。正しい意味と使い方を知る事で、安心して使う事が出来ます。それでは早速「労い」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「労い」の意味は?

「労い」には、次のような意味があります。

相手の労苦をいたわること。「―の言葉をかける」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「労い」

「労い」とは「相手の苦労をいたわること」という意味です。この場合の「相手の苦労」とは、相手の「努力」や「骨折り」に対してになります。例えば、「すぐ近くの自動販売機でコーヒーを買ってきてくれた部下を労う」というのは、少し大げさな表現だと分かるでしょう。つまり、「労い」という言葉は基本的に「その人物が何かを犠牲(時間やお金、労力)にして努力したり骨折りにした場合」に使います。

「労い」の語源は?

次に「労い」の語源について見ていきましょう。「労い」の語源は、奈良時代の古語である「労ぐ(ねぐ)」だと言い伝えられています。「労ぐ」は、「神の心を鎮め御加護を祈念する」という意味で使われていました。また、相手が行ってくれたことに対する労わりの意を示す場合の言葉としても用いられていたそうです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: