国語言葉の意味

「トピックス」の意味や使い方は?例文や類語を読書好きライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「トピックス」について解説する。

端的に言えばトピックスの意味は「出来事」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

情報誌系のライターを7年経験したgotanを呼んだ。一緒に「トピックス」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/gotan

ライター歴7年のgotanが、ささいな言葉の意味について悩んだ経験から言葉にこだわるようになった。そんなgotanが「トピックス」について解説する。

「トピックス」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 1921915

トピックスは日頃から生活するうえでよく耳にする言葉ですが、日常的に使う意味と株価の指数として使う場合の2種類があります。また、トピックスは英語の「topic」の複数形であり、題目が複数ある場合に「トピックス」を使い、題目がひとつしかないときには「トピック」と表現するのが基本的な使い方です。

ですから、情報誌などで複数の記事を紹介する場合は「トピックス」と表示するのは正しいのですが、紹介する記事がひとつしかない場合は基本的には「トピック」と表示しなければなりませんから間違わないようにしなければなりません。

それでは早速「トピックス」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「トピックス」の意味は?

「トピックス」には、次のような意味があります。

1.出来事、話題のこと。日本では主にテレビニュースなどでその出来事を伝えたり、場合によっては特集としてその呼称を用いる。
2.TOPIX(東証株価指数)の略称。東京証券取引所が昭和44年7月から発表している、東証一部上場の全ての日本企業を対象とした株価指数。

出典:Goo辞書

トピックスには大きく2つの意味があります。英語からのtopicの意味は「題目・話題」といった意味があり、これは一般的に日常で使われている言葉だといえるでしょう。もうひとつのトピックスの意味は、東証株価指数である「TOPIX」であり、TOPIXはTokyo stock price indexの略です。

TOPIXは市場の景気を測る指標として用いられ、東証一部における浮動株全体の合計時価総額の成長度を表します。TOPIXの算定対象となる銘柄は、「東証一部の浮動株全体」であるため、合計で約2000銘柄と規模が大きいのが特徴であり、TOPIXに計算される銘柄に加わることがTOPIX組入れです。

TOPIX組入れの時期は、銘柄のタイプによって違いますが、新しく加わった銘柄は、インデックスファンドの運用に組み入れられることから、株価上昇に期待が高まります。OPIXの中で時価総額が高く、流動性が高いとされる銘柄をTOPIX・コア30といいますが、この指数は日本を代表するほどの大型株の動きを知る手がかりとなるようです。また、より正しい市場の動向を測るためにTOPIX・コア30の銘柄は、年に1度、銘柄の見直しを行います。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: