国語言葉の意味

ゴルフだけじゃない!「ユーティリティ」の多様な意味・例文・類義語などを日本放送作家協会会員がわかりやすく解説

この記事では「ユーティリティ」について解説する。

端的に言えば、ユーティリティの意味は「役に立つこと」ですが、ゴルフ、パソコン、住宅など多様なシーンで使われている。それぞれの意味と使い方を覚えておくと、より幅広いシーンで使いこなせるようになるぞ。

日本放送作家協会会員でWebライターのユーリを呼んです。一緒に「ユーティリティ」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ユーリ

日本放送作家協会会員。シナリオ、エッセイをたしなむWebライター。時代によって変化する言葉の面白さ、奥深さをやさしく解説する。

「ユーティリティ」の意味はたくさんある!

image by iStockphoto

「ユーティリティ」という言葉をご存じでしょうか。ゴルフが趣味の人だったらご存じでしょうし、マイホームを計画中の人は聞いたことがあるかもしれません。実は「ユーティリティ」は、いろいろなところで使われているのです。

「ユーティリティ」の基本的な意味

まずは、辞書で「ユーティリティ」の意味を調べてみましょう。

1 役に立つこと。有益なもの。「ユーティリティーカー」
2 《「ユーティリティールーム」の略》住宅などで、洗濯機・乾燥機・アイロンなどの作業のための設備をまとめて設置した部屋。
3 「ユーティリティープログラム」の略。
4 《「ユーティリティークラブ」の略》ゴルフで、ヘッド(頭部)の形状やシャフト(柄)の長さが、フェアウエーウッドとアイアンの中間の形をしたクラブ。UT。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「ユーティリティー」

「ユーティリティ」は、国語辞典によっては「ユーティリティー」と表記されている場合もあります。一番元になる意味は「役に立つこと」「有益なもの」。また「実用的なもの」という意味もあります。意味に変わりはないのですが、スポーツやパソコン、住宅など、ジャンルに特化して使われている場合があるので、それぞれを見ていきましょう。

スポーツの「ユーティリティ」

ゴルフには「ユーティリティ」という名前のゴルフクラブがあります。歴史はまだ浅く、1980年代に発明されました。形はフェアウエーウッドとアイアンの中間で、ロングアイアンより打ちやすいので、使うゴルファーが増えています。また、野球やサッカーなどで、どのポジションでも高いレベルでこなせる選手「ユーティリティプレイヤー」です。日本語で言うと「万能選手」といったところでしょう。

\次のページで「コンピューターの「ユーティリティ」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: